ホーム > 研究所紹介 > 研究部門紹介 > 国際栄養情報センター  >国際災害栄養研究室

国際災害栄養研究室

わが国は、世界の中でも自然災害によるリスクが高い国です。

災害大国としての経験や教訓を、国内そして世界にも情報発信するため、私たちの研究室は2018年4月に発足しました。

災害にともなう栄養格差を縮小させ、健康被害を減らすための調査研究とともに、エビデンスにもとづいた後方支援をおこない、“エビデンス to アクション” を目指します。


1. 災害にともなう栄養格差を縮小させるための調査研究

2. エビデンスにもとづいた栄養支援システム構築

3. 国内外への情報発信


研究協力者・研究連携先を随時募集しています。


研究成果関連ページ

・国際災害栄養研究室ウェブサイトはこちら>>

 災害時の栄養情報ツールを公開しています。




2020年10月1日更新