国立健康・栄養研究所ホームへ
交通アクセス お問合わせ 
NR情報講演会・セミナー等研究所紹介研究情報採用情報公告情報公開メールマガジン
ホーム > 研究所紹介 > 研究・情報・対外部門紹介 > 臨床栄養研究部
国立健康・栄養研究所とは
組織図
研究・情報・対外部門紹介
 所長直轄
 栄養疫学・食育研究部
 身体活動研究部
 臨床栄養研究部
 栄養療法研究室
 時間栄養研究室
 栄養・代謝研究部
 食品保健機能研究部
 国際栄養情報センター
研究所紹介パンフレット(PDF)
交通アクセス

臨床栄養研究部  (直通電話 03-3203-5029)

  糖尿病は、わが国において近年増加の一途をたどっています。また、糖尿病に肥満・高脂血症・高血圧が合併するメタボリックシンドロームは、動脈硬化を促進し、心筋梗塞や脳卒中のリスクを増大させ、日本人の健康寿命を短縮する最大の要因となっています。

 この研究部では、糖尿病の発症や動脈硬化の進展の分子メカニズムを解明し、その情報に立脚した革新的な診断法・治療法を開発するとともに、それらを臨床現場に応用することを目指しています。
 研究室
栄養療法研究室

 エネルギーの過剰摂取、特に脂肪摂取量の増大は、糖尿病や肥満の主要な原因の1つです。しかし生理的な濃度の遊離脂肪酸は、インスリン分泌に必須であり、短期的にはむしろグルコース応答性のインスリン分泌を増加させます。
一方これが長期間となり、膵β細胞に中性脂肪が蓄積するとインスリン分泌が低下してきます。また、同じ摂取エネルギー量であっても、脂質は糖質や蛋白質に比べ、肥満になりやすいことが報告されています。

 そこでこの研究室では、遺伝子操作によって作製した糖尿病モデル動物やインスリン抵抗性モデル動物、肥満モデル動物に種々の栄養素組成の餌を投与してインスリン分泌や耐糖能、インスリン抵抗性、肥満などに与える影響を検討し、栄養素・エネルギー比率からみた生活習慣病予防のための最適な栄養療法を確立することにより臨床応用に道を開くことを目的としています。
時間栄養研究室

 私達の身体は約24時間周期で概日リズムを刻んでいます。視交叉上核には中枢時計が、脂肪組織や肝臓等の末梢組織には末梢時計がリズムを刻み、光や食事等により影響を受けています。不規則な生活等で概日リズムが乱れると、肥満やがんといった疾患の発症につながることが報告されています。
 そこで、時間栄養研究室では、食事の内容や摂取法により概日リズムの乱れを戻す方法について研究を行っています。
2018年4月25日更新
お問合わせ 個人情報保護方針 セキュリティポリシー リンク・著作権等について 交通アクセス 所内向けサービス(所外からはご覧になれません)