HOME > 調査・研究 > 栄養研関連のプロジェクトのリンク集
独立行政法人 国立健康・栄養研究所
ヘルプ
HOME
調査・研究お知らせ国立健康・栄養研究所について
調査・研究
健康食品情報研究室
栄養情報技術研究室
国際栄養研究室
生物統計研究室
研修・連携推進室
保健指導(食事・運動)に関するQ&A集 ―食べ方・食べる時間―
             
Q.なぜ夜遅い時間の食事は太りやすいのですか?

A.夜間は栄養を溜め込みやすいのです。  

 平成18年国民健康・栄養調査の結果では、夕食を午後9時以降に摂る人の割合が、特に20〜60歳代の男性で増えています(18)

人間の身体は夜間に消化管の機能が活発になり、食べたものの栄養が消化吸収されやすいようになっています。そのため、夜間にたくさん食べると太りやすいのです(3)

また、夜遅くにたくさん食べてしまうと、翌朝、起きたときに空腹を感じず、朝食が食べられない原因になり、1日の食事回数が減ることで、太りやすくなってしまうという悪循環に陥りやすくなります。

朝ごはんを食べられないことが多いです。気をつけることはありますか?」「減量のため、1日2食でもいいですか?」も併せてご覧下さい。

仕事の都合などで食事の時間が遅くなる時は、いつもより量を減らしたり、エネルギーの低い食品を選ぶと良いでしょう。バナナや牛乳などの軽食を少し食べ、自宅での夕食には消化の良い、軽い食事を食べるのも一つの方法です(10)

     >>もどる
(c) All Copyrights reserved 2001-2011 National Institute of Health and Nutrition
2011年4月5日更新