HOME > 調査・研究 > 栄養研関連のプロジェクトのリンク集
独立行政法人 国立健康・栄養研究所
ヘルプ
HOME
調査・研究お知らせ国立健康・栄養研究所について
調査・研究
健康食品情報研究室
栄養情報技術研究室
国際栄養研究室
生物統計研究室
研修・連携推進室
仕事帰りには、食事→ジム ジム→食事のどちらがいいのか。また運動前のカフェイン摂取は脂肪燃焼に良いようだが証拠はあるのか?
             

Q.仕事帰りには、食事→ジム ジム→食事のどちらがいいのでしょうか。

 また運動前のカフェイン摂取は脂肪燃焼に良いようですが、証拠はあるのでしょうか?


A.生活習慣病予防のため、減量のため、降圧のためなどであれば、どちらでもかまいません。なぜなら、エネルギーの出納を生み出したり、心臓や血管の適応を誘発するのに運動と食事の順番は影響しないからです。

 ただし、糖尿病の治療もしくは糖尿病の合併症を予防するために血糖値をコントロールしたいということであれば、食事の後に運動をしたほうが良いでしょう。なぜなら、食後の急激な血糖値の増加を、運動に伴う筋収縮が抑制し、無駄なインスリンの分泌を抑制するからです。

 運動前にカフェインを飲むと脂肪燃焼が増えるということを示した論文はいくつかありますが、脂肪燃焼の観察を短時間の運動時のみに行ったものしかありません。しかし、脂肪燃焼については運動後も続くわけで、運動後丸1日などのように長時間にわたって脂肪燃焼が増えるか否かについては明らかにされていません。カフェインを摂るために、砂糖やミルクの入ったカロリーの多いコーヒーを飲むのは、ナンセンスですし。効果の有無について結論を出すのには、もう少しエビデンスの蓄積がほしいところです。【宮地元彦】





     >>もどる
(c) All Copyrights reserved 2001-2011 National Institute of Health and Nutrition
2011年4月5日更新