HOME > 調査・研究 > マンスリーレポート
国立健康・栄養研究所
検索
HOME
調査・研究お知らせ国立健康・栄養研究所について
お知らせ
マンスリーレポート
マンスリーレポート(2020年)     2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年

| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月|

検索
>> 2017年4月以降
>> 2011年4月〜2017年3月
>> 2011年3月末まで

マンスリーレポートとは、当研究所の研究者の著書、論文、学会発表、講演、新聞・雑誌報道などの月別一覧です。上記の年・月をクリックすると、その月の一覧が表示されます。

著書

原著論文

Application of the Healthy Eating Index-2015 and the Nutrient-Rich Food Index 9.3 for assessing overall diet quality in the Japanese context: Different nutritional concerns from the US.
Kentaro Murakami 、M. Barbara E. Livingstone、Fujiwara A、Satoshi Sasaki: 栄養疫学・食育研究部: Plos One: 15(1): e0228318, 2020.1.30 PubMed


Food Combinations in Relation to the Quality of Overall Diet and Individual Meals in Japanese Adults: A Nationwide Study
Kentaro Murakami 、M. Barbara E. Livingstone 、Nana Shinozaki、Minami Sugimoto、Fujiwara A、Shizuko Masayasu、Satoshi Sasaki: 栄養疫学・食育研究部: Nutrients: 12(2): 327-327, 2020.1.26 PubMed


Use of Mid‐Upper Arm Circumference (MUAC) to Predict Malnutrition among Sri Lankan Schoolchildren
Shinsugi C、Gunasekara D、Takimoto H: 栄養疫学・食育研究部: Nutrients : 12(1): 168, 2020.1 PubMed


総説

身体活動とエネルギー代謝と健康
宮地元彦: 身体活動研究部: ソフト・ドリンク技術資料: 189(3): 27-42, 2020.1.24: 一般社団法人全国清涼飲料連合会


解説等

国立健康・栄養研究所 東アジアを代表する栄養に関する協力センターとして 〜アジアの栄養課題に関する技術支援と若手研究者の能力強化〜
西信雄: 国際栄養情報センター: 目で見るWHO 2019冬号: 2020.1.1: 日本WHO協会


身体活動の概念や評価法の変遷とこれから
田中茂穂: 栄養・代謝研究部: 体育の科学: 70(1): 29-33, 2020.1.1: 杏林書院


生活困窮世帯の子どもに対する支援活動:国内の取り組みとその課題
新杉知沙、中出麻紀子、山口麻衣、可知悠子、黒谷佳代: 栄養疫学・食育研究部: 公衆衛生情報: 49(10): 2020.1: 日本公衆衛生協会


理学療法士に必要な栄養学の知識 8―サプリメントと栄養
佐藤陽子: 食品保健機能研究部: 理学療法: 37(1): 77-83, 2020.1


研究班報告書

国際学会等

国内学会等

研究所外での講義、講演等

新聞・雑誌報道など

(c) All Copyrights reserved 2009 National Institute of Health and Nutrition