HOME > 調査・研究 > マンスリーレポート
国立健康・栄養研究所
検索
HOME
調査・研究お知らせ国立健康・栄養研究所について
お知らせ
マンスリーレポート
マンスリーレポート(2019年)     2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2020年

| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月|

検索
>> 2017年4月以降
>> 2011年4月〜2017年3月
>> 2011年3月末まで

マンスリーレポートとは、当研究所の研究者の著書、論文、学会発表、講演、新聞・雑誌報道などの月別一覧です。上記の年・月をクリックすると、その月の一覧が表示されます。

著書

Heritability estimates of physical performance related phenotypes
Zempo H、Miyamoto-Mikami E、Fuku N、Murakami H: 身体活動研究部: Debmalya Barh and Ildus I. Ahmetov 編, Sports, Exercise, and Nutritional Genomics: : 23-40, 2019.1: Elsevier Inc.


栄養指導に役立つツール
石見佳子: シニアアドバイザー: 栄養学と食事・栄養療法: : 78-83, 2019.1: 羊土社


第2章食事・栄養療法の実践 A必要栄養素量の計算
田中茂穂、曽根博仁: 栄養代謝研究部: 第1刷 すべての診療科で役立つ 栄養学と食事・栄養療法: : 40-47, 2019.1: 羊土社


原著論文

Having few remaining teeth is associated with a low nutrient intake and low serum albumin levels in middle-aged and older Japanese individuals: Findings from the NIPPON DATA2010
Nakamura M、Ojima T、Nagahata T、Kondo I、Ninomiya T、Yoshita K、Arai Y、Ohkubo T、Murakami K、Nishi N、Murakami Y、Takashima N、Okuda N、Kadota A、Miyagawa N、Kondo K、Okamura T、Ueshima H、Okayama A、Miura K. and for the NIPPON DATA2010 Research Group: 国際栄養情報センター: Environ Health Prev Med: 24(1): 1, 2019.1 PubMed


Perceived barriers to career progression among early-career epidemiologists -report of a workshop at the 22nd World Congress of Epidemiology
Kikuchi H、Kuwahara K、Kiyohara K、Villalonga-Olives E、Brewer N、Aman-Oloniyo A、Aggarwal P、Restrepo-Méndez MC、Hara A、Kakizaki M、Akiyama Y、Onishi K、Kurotani K、Haseda M、Amagasa S、Oze I: 栄養疫学・食育研究部: J Epidemiol: 29(1): 38-41, 2019.1


Perceived barriers to career progression among early-career epidemiologists -report of a workshop at the 22nd World Congress of Epidemiology
Kuwahara K、Kiyohara K、Villalonga-Olives E、Brewer N, Aman-Oloniyo A、Aggarwal P、Restrepo-Méndez MC、Hara A、Kakizaki M、Akiyama Y、Onishi K、Kurotani K、Haseda M、Amagasa S、Oze I: 栄養疫学・食育研究部: J Epidemiol: 29(1): 38-41, 2019.1


Results from the Japan's 2018 report card on physical activity for children and youth.
Tanaka C、Tanaka S、Inoue S、Miyachi M、Suzuki K、Abe T、Reilly JJ: 栄養代謝研究部: J Exerc Sci Fit: 17(1): 20-25, 2019.1 PubMed


Simple-measured leg muscle strength and prevalence of diabetes among Japanese males: A cross-sectional analysis of data from the Kameda Health Study
Miyamoto R、Sawada SS、Gando Y、Matsushita M、Kawakami R、Muranaga S、Osawa Y、Ishii K、Oka K: 身体活動研究部: J Phys Ther Sci: : In Press, 2019.1 PubMed


幼児の就学前施設内における外遊び,室内遊びおよび運動指導時の身体活動量
田中千晶、安藤貴史、薄井澄誉子、引原有輝、佐々木玲子、稲山貴代、田中茂穂: 栄養・代謝研究部: 体力科学: 68(3): 207-213, 2019.1 PubMed


総説

解説等

チアゾリジン薬と発がんリスク
窪田直人、門脇 孝: 臨床栄養研究部: 医薬ジャーナル: 55(1): 99-102, 2019.1


運動効果を高める食事のタイミング
田中茂穂: 栄養代謝研究部: HEALTH NETWORK1-2月号: 36(1): 20-21, 2019.1.1: 公益社団法人日本フィットネス協会


研究班報告書

国際学会等

国内学会等

抗GAD抗体陰性かつ抗IA-2抗体/抗ZnT8抗体陽性の高齢発症1型糖尿病の1症例
本間博文、岡崎由希子、三好健吾、中川佳子、高瀬暁、飯塚陽子、窪田直人、山内敏正: 臨床栄養研究部: 第33回日本糖尿病学会関東甲信越地方会: 2019.1: 横浜


入院糖尿病患者における食事摂取状況の検討
澤田実佳、長谷川陽子、高見真、関根里恵、山内敏正、窪田直人: 臨床栄養研究部: 第33回日本糖尿病学会関東甲信越地方会: 2019.1: 横浜


膿胸術後において体重・体組成を指標とした頻回な栄養モニタリングが栄養状態・創部改善に有用であった症例
高見真、長谷川陽子、大谷藍、伊地知秀明、関根里恵、窪田直人: 臨床栄養研究部: 第22回日本病態栄養学会年次学術集会 : 2019.1: 横浜


肥満を有する子宮体癌患者への栄養指導が、化学療法休薬中の体重増加を防いだ一例
友添あかね、澤田実佳、伊地知秀明、関根里恵、窪田直人: 臨床栄養研究部: 第22回日本病態栄養学会年次学術集会: 2019.1: 横浜


肥満合併肝硬変患者に対し体組成改善を目的とした術前栄養管理を行い、生体肝移植を施行した一例
藤原舞、大谷藍、関根里恵、伊地知秀明、窪田直人: 臨床栄養研究部: 第22回日本病態栄養学会年次学術集会: 2019.1: 横浜


薬物療法未導入の高LDL-C血症患者における栄養指導の効果
中村衣里、澤田実佳、山田咲、友添あかね、山下瑠璃子、関根里恵、窪田直人: 臨床栄養研究部: 第22回日本病態栄養学会年次学術集会: 2019.1: 横浜


研究所外での講義、講演等

機能性飲料・食品(健康食品)の利用実態と被害事例
千葉剛: 食品保健機能研究部: 健康事業開発コンシェルジュ講座: 2019.1.12: 神戸市


健康食品のリスクについて
千葉剛: 食品保健機能研究部: 麻布大学: 2019.1.16: 相模原市


子どもの健やかな成長のために正しい情報を活用した食生活を!
黒谷佳代: 栄養疫学・食育研究部: 子どもの健康セミナー: 2019.1.12: 大阪


新聞・雑誌報道など

災害<考>避難所の「食」改善を
笠岡(坪山)宜代: 国際栄養情報センター: 日本経済新聞: 2019.1.11: 災害<考>避難所の「食」改善を


「『貯金』で健康寿命を延ばそう」
田中茂穂: 栄養・代謝研究部: 報道ライブ インサイドOUT: 2019.1.22: BS11


(c) All Copyrights reserved 2009 National Institute of Health and Nutrition