HOME > 調査・研究 > マンスリーレポート
国立健康・栄養研究所
検索
HOME
調査・研究お知らせ国立健康・栄養研究所について
お知らせ
マンスリーレポート
マンスリーレポート(2021年)     2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年 2020年

| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月|

検索
>> 2017年4月以降
>> 2011年4月〜2017年3月
>> 2011年3月末まで

マンスリーレポートとは、当研究所の研究者の著書、論文、学会発表、講演、新聞・雑誌報道などの月別一覧です。上記の年・月をクリックすると、その月の一覧が表示されます。

著書

原著論文

Age Related Decline in Physical Activity Level in the Healthy Older Japanese Population
Ishikawa-Takata K、Nakae S、Sasaki S、Katsukawa F、Tanaka S: 栄養・代謝研究部: J Nutr Sci Vitaminol: 67(5): 331-339, 2021.10


Association Between Age of Achieving Gross Motor Development Milestones During Infancy and Body Fat Percentage at 6 to 7 Years of Age
Aoyama T、Hikihara Y、Watanabe M、Wakabayashi H、Hanawa S,、Omi N、Takimoto H、Tanaka S: 栄養疫学・食育研究部: Maternal and Child Health Journal : 2021.10.16 PubMed


Association between habitual coffee consumption and skeletal muscle mass in middle-aged and older Japanese people.
Iwasaki C、Yamada Y、Nishida Y、Hara M、Yasukata J、Miyoshi N、Shimanoe C、Nanri H、Furukawa T、Koga K、Horita M、Higaki Y、Tanaka K: 身体活動研究部: Geriatrics & Gerontology International: 21(10): 950-958, 2021.10 PubMed


Effect of a 1-year intervention comprising brief counselling sessions and low-dose physical activity recommendations in Japanese adults, and retention of the effect at 2 years: a randomized trial
Tripette J、Gando Y、Murakami H、Kawakami R、Tanisawa K、Ohno H、Konishi K、Tanimoto M、Tanaka N、Kawano H、Yamamoto K、Morishita A、Iemitsu M、Sanada H、Miyatake N、Miyachi M: 身体活動研究部: BMC Sports Science, Medicine and Rehabilitation: 13: 133, 2021.10.26 PubMed


Enhanced echo intensity and a higher extracellular water-to-intracellular water ratio are helpful clinical signs for detecting muscle degeneration in patients with knee osteoarthritis.
Taniguchi M、Fukumoto Y、Yagi M、Yamagata M、Kobayashi M、Yamada Y、Kimura M、Ichihashi N: 身体活動研究部: Clinical Rheumatology: 40(10): 4207-4215, 2021.10 PubMed


The MOTS-c K14Q polymorphism in the mtDNA is associated with muscle fiber composition and muscular performance.
Kumagai H、Natsume T、Kim SJ、Tobina T、Miyamoto-Mikami E、Shiose K、Ichinoseki-Sekine N、Kakigi R、Tsuzuki T、Miller B、Yen K、Murakami H、Miyachi M、Zempo H、Dobashi S、Machida S、Kobayashi H、Naito H、Cohen P、Fuku N: 身体活動研究部: Biochim Biophys Acta Gen Subj.: 1866(2): 130048, 2021.10.30 PubMed


Validation of skeletal muscle mass estimation equations in active young adults: A preliminary study
Sagayama H、Yamada Y、Tanabe Y、Kondo E、Ohnishi T、Takahashi H: 身体活動研究部: SCANDINAVIAN JOURNAL OF MEDICINE & SCIENCE IN SPORTS: 31(10): 1897-1907, 2021.10 PubMed


肝臓を介した健康被害が予測される健康食品成分に関する情報解析
近藤位旨、石見佳子、東泉裕子: 食品保健機能研究部: 栄養学雑誌: 79(5): 311-319, 2021.10


総説

ロコモ・フレイル対策としての身体活動・運動の意義と実際
宮地元彦: 身体活動研究部: BIO Clinica(バイオクリニカ) 11月臨時増刊号: 35(13): 27-31, 2021.10.30: ロコモ・フレイルと健康寿命の延伸 Locomotive syndrome and frailty toward extension of healthy life expectancy


解説等

研究班報告書

国際学会等

Practice for Sustainable Healthy Diets and the food systems in Japan
Yamaguchi M: 国際栄養情報センター: The 3rd Asia-Pacific Partnership on Health and Nutrition Improvement (APHNI) Symposium: 2021.10.14: Faculty of Health Sciences Alma Ata University, Yogyakarta, Indonesia


国内学会等

たんぱく質摂取が筋量増加に及ぼす影響:ランダム化比較試験の系統的レビューとメタ解析
田川亮一、渡邉大輝、伊藤恭子、上田啓輔、中山恭佑、三本木千秋、宮地元彦: 身体活動研究部: 第68回日本栄養改善学会学術総会: 2021.10.1: オンライン


一般消費者向けの食品の有効性/安全性情報提供文書におけるピクトグラム活用に関するランダム化比較調査
種村菜奈枝、柿崎 真沙子、小野寺 理恵、千葉剛: 食品保健機能研究部: 第43回日本臨床栄養学会総会/第42回日本臨床栄養協会総会 臨床栄養 第19回大連合大会: 2021.10.2: 東京(オンライン開催)


機能性に係るベネフィット表現の違いが消費者の食品選択に与える影響の検討
種村菜奈枝、濱舘直史: 食品保健機能研究部: 第43回日本臨床栄養学会総会/第42回日本臨床栄養協会総会 臨床栄養 第19回大連合大会: 2021.10.3: 東京(オンライン開催)


軍人やアスリートにおけるセレンの必要量および習慣的な摂取量に関する文献レビュー
畠中真奈、水島諒子、角谷雄哉、秋山大志、M田有香、松本麻衣、鳴海(百武)愛子、辻雅善、畑本陽一、吉村英一、瀧本秀美、宮地元彦: 栄養・代謝研究部: 第68回日本栄養改善学会学術総会: 2021.10.1: 千葉(オンライン開催)


高齢者の家族形態が栄養素等摂取量、栄養状態および食欲に与える影響:Kyoto-Kameoka Study
南里妃名子、吉田司、藤田裕之、木村みさか、山田陽介: 身体活動研究部: 第68回日本栄養改善学会学術総会: 2021.10.1: オンライン


総たんぱく質摂取量と筋量増加の間の量反応関係:系統的レビューと多変量調整スプラインモデル解析
渡邉大輝、田川亮一、伊藤恭子、上田啓輔、中山恭佑、三本木千秋、宮地元彦: 身体活動研究部: 第68回日本栄養改善学会学術総会: 2021.10.1: オンライン


日本人の食生活を考慮した減塩のための栄養プロファイルに関する研究
瀧本秀美、岡田恵美子、竹林純、吉崎貴大、横山友里、多田由紀、石見佳子: 栄養疫学・食育研究部: 第68回日本栄養改善学会学術総会: 2021.10.2: 新潟市(オンライン)


料理レシピデータにおける人工知能(AI)・機械学習技術を用いた和食、中華、洋食の特徴解析
山口美輪、荒木通啓、西信雄、野尻哲也、花井章剛、成澤翔大、内山美弥、各務恵理菜: 国際栄養情報センター: 第68回日本栄養改善学会学術総会: 2021.10.1: オンライン開催


研究所外での講義、講演等

消費者講座|知らないと危険!健康食品の正しい選び方・使い方
種村菜奈枝: 食品保健機能研究部: 荒川区: 2021.10.22: 東京


新聞・雑誌報道など

(c) All Copyrights reserved 2009 National Institute of Health and Nutrition