HOME > 調査・研究 > マンスリーレポート
国立健康・栄養研究所
検索
HOME
調査・研究お知らせ国立健康・栄養研究所について
お知らせ
マンスリーレポート
マンスリーレポート(2020年)     2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年

| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月|

検索
>> 2017年4月以降
>> 2011年4月〜2017年3月
>> 2011年3月末まで

マンスリーレポートとは、当研究所の研究者の著書、論文、学会発表、講演、新聞・雑誌報道などの月別一覧です。上記の年・月をクリックすると、その月の一覧が表示されます。

著書

原著論文

Mucin-Derived O-Glycans Act as Endogenous Fiber and Sustain Mucosal Immune Homeostasis via Short-Chain Fatty Acid Production in Rat Cecum
Hino S、Mizushima T、Kaneko K、Kawai E、Kondo T、Genda T、Yamada T、Koji H、Nishimura N、Morita T: 食品保健機能研究部: The Journal of Nutrition: 2020.4 PubMed


食品中の栄養成分検査の技能試験(2017–2018)
竹林純、高坂典子、鈴木一平、中坂聡亮、平林尚之、石見佳子、梅垣敬三、千葉剛、渡辺卓穂: 食品保健機能研究部: 食品衛生学雑誌: 61(2): 63-71, 2020.4.25 PubMed


日本食品標準成分表2015年版(七訂)分析マニュアルに基づく加工食品中のビタミンD類分析法の改良と検証
鈴木一平、熊井康人、多田敦子、佐藤恭子、梅垣敬三、千葉剛、竹林純: 食品保健機能研究部: 食品衛生学雑誌: 61(2): 53-57, 2020.4.25 PubMed


総説

解説等

知ってほしいな、栄養素 BビタミンC
西島千陽、佐藤陽子: 食品保健機能研究部: 食育フォーラム: 20(4): 24-25, 2020.4: 健学社


研究班報告書

国際学会等

国内学会等

研究所外での講義、講演等

新聞・雑誌報道など

注意!「ビタミンDや乳酸菌に新型コロナ予防効果」は根拠なし……国立健康・栄養研究所が呼びかけ
千葉剛: 食品保健機能研究部: 読売新聞 ヨミドクター: 2020.4.17


(c) All Copyrights reserved 2009 National Institute of Health and Nutrition