HOME > 調査・研究 > マンスリーレポート
国立健康・栄養研究所
検索
HOME
調査・研究お知らせ国立健康・栄養研究所について
お知らせ
マンスリーレポート
マンスリーレポート(2020年)     2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年

| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月|

検索
>> 2017年4月以降
>> 2011年4月〜2017年3月
>> 2011年3月末まで

マンスリーレポートとは、当研究所の研究者の著書、論文、学会発表、講演、新聞・雑誌報道などの月別一覧です。上記の年・月をクリックすると、その月の一覧が表示されます。

著書

脂質異常症の治療ー食事療法のポイントー
山崎聖美: 臨床栄養研究部: そうだったんだ! 脂質異常症 第2版(編集 伊藤浩): : 156-159, 2020.3: 文光堂


原著論文

An exploration using system dynamics modelling of population-level mindfulness, mindful eating and healthy weight following intervention
Roesler A、Nishi N: 国際栄養情報センター: Nutrition and Health: In press2020.3


Association between free sugars intake and nutrient dilution among Japanese adults: the 2016 National Health and Nutrition Survey, Japan.
Fujiwara A、Okada E、Okada C、Matsumoto M、Takimoto H: 栄養疫学・食育研究部: Eur J Nutr.: 2020.3.11 PubMed


Associations of various exercise types with health-related physical fitness: Focus on physical fitness age
Wang Z、Tsujimoto T、Wakaba K、Mizushima R、Kobayashi H、Tanaka K: 栄養疫学・食育研究部: J Phys Fitness Sports Med: (in press)2020.3.25


Data Resource Profile: The Philippine National Nutrition Survey (NNS)
Patalen CF、Ikeda N、Angeles-Agdeppa I、Vargas MB、Nishi N、Duante CA、Capanzana MV: 国際栄養情報センター: International Journal of Epidemiology: 2020.3: In press.


Elevated fasting blood glucose levels are associated with lower cognitive function, with a threshold in non-diabetic individuals: a population-based study.
Liu Z、Zaid M、Hisamatsu T、Tanaka S、Fujiyoshi A、Miyagawa N、Ito T、Kadota A、Tooyama I、Miura K、Ueshima H、for the SESSA Research Group: 国際栄養情報センター: J Epidemiol.: 30(3): 121-127, 2020.3 PubMed


Prenatal exposure to 11 perfluoroalkyl substances and fetal growth: A large-scale, prospective birth cohort study.
Kashino I、Sasaki S、Okada E、Matsuura H、Goudarzi H、Miyashita C、Okada E、Ito YM、Araki A: 栄養疫学・食育研究部: Environ Int.: 2020.3 PubMed


The Association of HFE Gene H63D Polymorphism With Endurance Athlete Status and Aerobic Capacity: Novel Findings and a Meta-Analysis
Semenova EA、Murakami H、Miyachi M、Fuku N、Ahmetov II、他20名: 身体活動研究部: Eur J Appl Physiol : 120(3): 665-673, 2020.3.24 PubMed


東日本大震災の避難所等における栄養士から見た衛生問題―食料の有効利用、食中毒の予防、給排水環境の改善に向けて―
笠岡(坪山)宜代: 国際栄養情報センター: 日本災害医学会誌: 2020.3.4: 印刷中


総説

イタリアの避難所における生活支援・食事支援の事例
笠岡(坪山)宜代: 国際栄養情報センター: 日本災害食学会誌: 2020.3: 印刷中


解説等

食と健康-食を知り食を生かそう-(第5回)大豆イソフラボンの健康機能
東泉裕子: 食品保健機能研究部: 食器と容器: 61(3): 145-149, 2020.3: 缶詰技術研究会


研究班報告書

国際学会等

国内学会等

研究所外での講義、講演等

新聞・雑誌報道など

災害に新型コロナ… いざに備えて食料必須4点セット
笠岡(坪山)宜代: 国際栄養情報センター: NIKKEI STYLE(web news): 2020.3.11


(c) All Copyrights reserved 2009 National Institute of Health and Nutrition