HOME > 調査・研究 > マンスリーレポート
国立健康・栄養研究所
検索
HOME
調査・研究お知らせ国立健康・栄養研究所について
お知らせ
マンスリーレポート
マンスリーレポート(2020年)     2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年

| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月|

検索
>> 2017年4月以降
>> 2011年4月〜2017年3月
>> 2011年3月末まで

マンスリーレポートとは、当研究所の研究者の著書、論文、学会発表、講演、新聞・雑誌報道などの月別一覧です。上記の年・月をクリックすると、その月の一覧が表示されます。

著書

災害時の栄養と歯科保健
笠岡(坪山)宜代: 国際栄養情報センター: 災害歯科医学: : 12-15, 2020.2: 医歯薬出版


災害食への活用と展開
笠岡(坪山)宜代: 国際栄養情報センター: 調理の科学: : 164-171, 2020.2: 学文社


原著論文

Acute effect of multiple sets of fatiguing resistance exercise on muscle thickness, echo intensity, and extracellular-to-intracellular water ratio.
Taniguchi M、Yamada Y、Ichihashi N: 身体活動研究部: Applied Physiology, Nutrition, and Metabolism: 45(2): 213-219, 2020.2 PubMed


Acute Sleep Curtailment Increases Sweet Taste Preference, Appetite and Food Intake in Healthy Young Adults: A Randomized Crossover Trial.
Tajiri E、Yoshimura E、Hatamoto Y、Shiratsuchi H、Tanaka S、Shimoda S: 栄養・代謝研究部: Behav Sci (Basel): 10(2): E47, 2020.2.1 PubMed


Antioxidant Capacities of Plant-Derived Foods Commonly Consumed in Japan
Takebayashi J、Oki T、Tsubota-Utsugi M、Ohkubo T: 食品保健機能研究部: Journal of Nutritional Science and Vitaminology: 66(1): 68-74, 2020.2 PubMed


Breakfast skipping is related to inadequacy of vitamin and mineral intakes among Japanese female junior high school students: a cross-sectional study.
Matsumoto M、Hatamoto Y、Sakamoto A、Masumoto A、Ikemoto S: 栄養疫学・食育研究部: J Nutr Sci.: 9: e9, 2020.2 PubMed


Relationship between calcium intake and impaired activities of daily living in a Japanese population: NIPPON DATA90.
Kogure M、Tsuchiya N、Narita A、Hirata T、Nakaya,N、Nakamura T、Hozawa A、Hayakawa T、Okuda N、Miyagawa N、Kadota A、Ohkubo T、Murakami Y、Sakata K、Miura K、Okayama A、Okamura T、Ueshima H、for the NIPPON DATA90 Research Group.: 国際栄養情報センター: J Epidemiol.: 2020.2 PubMed


Relationship of household salt intake level to long-term all-cause and cardiovascular disease mortality in Japan: NIPPON DATA80.
Shima A、Miyamatsu N、Miura K、Miyagawa N、Okuda N、Yoshita K、Kadota A、Suzuki H、Kondo K、Okamura T、Okayama A、Ueshima H、for the NIPPON DATA80 Research Group: 国際栄養情報センター: Hypertension Res.: 43(2): 132-139, 2020.2 PubMed


α-Amylase Expressed in Human Small Intestinal Epithelial Cells Is Essential for Cell Proliferation and Differentiation
Yamazaki T、Toyoda Y、Hoshi K、Ogawa H: 臨床栄養研究部: J Cell Biochem: 121(2): 1238-1249, 2020.2 PubMed


総説

解説等

2019中国身体活動と健康科学会議参加報告
宮地元彦: 身体活動研究部: イルシー: 141: 41-49, 2020.2.26: ILSI Japan


特別論文「摂津市におけるフレイルへの取り組み」
西信雄: 国際栄養情報センター: 摂津市医師会々報: (97): 7-11, 2020.2.15


研究班報告書

国際学会等

Projected Changes in Healthy Life Expectancy and Healthcare Costs 2020–2040 Through Long-Term Care Prevention Among Older Japanese People
Nishi N: 国際栄養情報センター: The 3rd Asia Pacific System Dynamics Conference: 2020.2.3: Brisbane, Australia


The effect of dietary modification on plasma 3-hydroxyisobutyrate level in overweight and obese men
Myoenzono K、Mizushima R、Miyazaki T、Honda A、Tanaka K、Maeda S: 栄養疫学・食育研究部: .ARIHHP Human High Performance International Forum 2020: 2020.2.16: University of Tsukuba (Ibaraki)


国内学会等

「エネルギー代謝と栄養療法 −基礎から臨床へ−」 臨床応用のためのエネルギー消費量測定の基礎
田中茂穂: 栄養・代謝研究部: 第35回日本臨床栄養代謝学会学術集会: 2020.2.28: 京都


国民健康・栄養調査における高齢者の歯の保有状況と歯科疾患実態調査への協力の関連
安藤雄一、池田奈由、田野ルミ、岩崎正則、西信雄、三浦宏子: 国際栄養情報センター: 第30回日本疫学会学術総会: 2020.2.22: 京都大学百周年時計台記念館(京都市)


都道府県別にみた1975年以降の成人BMI平均値の長期トレンド:階層ベイズモデルによる推定
池田奈由、中谷友樹、西信雄: 国際栄養情報センター: 第30回日本疫学会学術総会: 2020.2.21: 京都大学百周年時計台記念館(京都市): 優秀演題賞受賞


日本人を対象とした軽度不調に関する質問票を用いた研究のシステマティックレビュー
水島諒子、黒谷佳代、瀧本秀美、東泉裕子、西平順: 栄養疫学・食育研究部: 第30回日本疫学会学術総会: 2020.2.22: 京都大学百周年時計台記念館(京都)


日本人小児・成人における遊離糖類摂取量と栄養素摂取量の関連:平成28年国民健康・栄養調査結果
藤原綾、岡田恵美子、岡田知佳、松本麻衣: 栄養疫学・食育研究部: 第30回日本疫学会学術総会: 2020.2.21: 京都府


研究所外での講義、講演等

Projected changes in healthcare costs from 2020 to 2040 among older Japanese people
西信雄: 国際栄養情報センター: Deakin University: 2020.2.5: Melbourne, Australia


Regional differences in weight status of adults in Asia and the Western Pacific Region: findings from international research collaboration
Ikeda N: 国際栄養情報センター: 第9回アジア栄養ネットワークシンポジウム: 2020.2.18: 国立健康・栄養研究所(新宿区)


Risk factor surveillance in monitoring health promotion plan in Japan
西信雄: 国際栄養情報センター: Deakin University: 2020.2.5: Melbourne, Australia


新聞・雑誌報道など

(c) All Copyrights reserved 2009 National Institute of Health and Nutrition