HOME > 調査・研究 > マンスリーレポート
国立健康・栄養研究所
検索
HOME
調査・研究お知らせ国立健康・栄養研究所について
お知らせ
マンスリーレポート
マンスリーレポート(2020年)     2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年 2021年

| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

検索
>> 2017年4月以降
>> 2011年4月〜2017年3月
>> 2011年3月末まで

マンスリーレポートとは、当研究所の研究者の著書、論文、学会発表、講演、新聞・雑誌報道などの月別一覧です。上記の年・月をクリックすると、その月の一覧が表示されます。

著書

原著論文

Association of Red Meat Intake with the Risk of Cardiovascular Mortality in General Japanese Stratified by Kidney Function: NIPPON DATA80.
Segawa H、Kondo K、Kadota A、Yamauchi H、Ohno S、Tanaka-Mizuno S、Okuda N、Miyagawa N、Arima H、Okamura T、Miura K、Okayama A、Ueshima H: 国際栄養情報センター: Nutrients.: 12(12): E3707, 2020.12 PubMed


Dose-response relationship between protein intake and muscle mass increase: a systematic review and meta-analysis of randomized controlled trials
Tagawa R、Watanabe D、Ito K、Ueda K、Nakayama K、Sanbongi C、Miyachi M: 身体活動研究部: Nutr Rev.: 79(1): 66-75, 2020.12.11 PubMed


MANTA, an integrative database and analysis platform that relates microbiome and phenotypic data
Chen YA、Park J、Natsume-Kitatani Y、Kawashima H、Mohsen A、Hosomi K、Tanisawa K、Ohno H、Konishi K、Murakami H、Miyachi M、Kunisawa J、Mizuguchi K: 身体活動研究部: PLoS One: 15(12): e0243609, 2020.12.6 PubMed


Regulation of the Food Labelling Systems for Health and Nutrition in Japan and Associated Role of the National Institute of Health and Nutrition.
Tousen Y、Kondo T、Chiba T、Ishimi Y: 食品保健機能研究部: Jpn. J. Nutr. Diet.: 78(Supplement): S80-S90, 2020.12


Relationship between Step Counts and Cerebral Small Vessel Disease in Japanese Men.
Moniruzzaman M、Kadota A、Segawa H、Kondo K、Torii S、Miyagawa N、Fujiyoshi,A、Hisamatsu T、Watanabe Y、Shiino A、Nozaki K、Ueshima H、Miura K: 国際栄養情報センター: Stroke.: 51(12): 3584-3591, 2020.12 PubMed


Simulating the Impact of Long-Term Care Prevention Among Older Japanese People on Healthcare Costs From 2020 to 2040 Using System Dynamics Modeling
Nishi N、Ikeda N、Sugiyama T、Kurotani K、Miyachi M: 国際栄養情報センター: Front. Public Health: 8: 592471, 2020.12.14 PubMed


The associations of eating behavior and dietary intake with metabolic syndrome in Japanese: Saku cohort baseline study
Morita A、Aiba N、Miyachi M、Watanabe S、Saku Cohort Study Group: 身体活動研究部: J Physiol Anthropol.: 39(1): 40, 2020.12.21 PubMed


習慣的な排便状況と便性状を評価する新しい質問票の再現性・内的妥当性の検討
大野治美、村上晴香、中潟崇、谷澤薫平、小西可奈、宮地元彦: 身体活動研究部: 日本公衆衛生雑誌: 早期公開2020.12 PubMed


平成28年歯科疾患実態調査の協力状況と生活習慣との関連:国民健康・栄養調査とのレコードリンケージによる検討
安藤雄一、池田奈由、西信雄、田野ルミ、岩崎正則、三浦宏子: 国際栄養情報センター: 日本公衆衛生雑誌: 2020.12.19 PubMed


総説

Summary of the 9th Life Science Symposium: integration of nutrition and exercise sciences.
Miyachi M: 身体活動研究部: Nutr Rev.: 78(Supplement_3): 40-45, 2020.12.1: doi: 10.1093/nutrit/nuaa083. PMID: 33259611.


解説等

特集ロコモ・フレイルと栄養「ロコモ・フレイルに対する機能性宇宙食の効果・可能性は?」
石見佳子、東泉裕子: 食品保健機能研究部: Loco Cure 6(4)57-60, 2020: 6(4): 57-60, 2020.12: 株式会社先端医学社


研究班報告書

国際学会等

国内学会等

[シンポジウム5] 3班合同シンポジウム―リスクマネジメントの実践から学ぶ,食品のベネフィットとは― 3.ベネフィットとリスクの両面を取り入れたリスクコミュニケーションの導入とその意義
種村菜奈枝、楠見孝、柿崎真沙子、小野寺理恵、千葉剛: 食品保健機能研究部: 第18回日本機能性食品医用学会総会: 2020.12.20: 東京(オンライン開催)


健康日本21(第二次)からみた栄養改善の現状と課題
西信雄: 国際栄養情報センター: 第56回日本循環器病予防学会学術集会パネルディスカッション: 2020.12.12: 大阪(Zoomによるオンライン双方向形式)


公衆衛生分野におけるシステム・ダイナミクスの活用(基調講演)
西信雄: 国際栄養情報センター: 日本システム・ダイナミクス学会JSDカンファレンス2020: 2020.12.4: Zoomによるオンライン双方向形式


研究所外での講義、講演等

新聞・雑誌報道など

(c) All Copyrights reserved 2009 National Institute of Health and Nutrition