HOME > 調査・研究 > マンスリーレポート
国立健康・栄養研究所
検索
HOME
調査・研究お知らせ国立健康・栄養研究所について
お知らせ
マンスリーレポート
マンスリーレポート(2019年)     2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2020年

| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

検索
>> 2017年4月以降
>> 2011年4月〜2017年3月
>> 2011年3月末まで

マンスリーレポートとは、当研究所の研究者の著書、論文、学会発表、講演、新聞・雑誌報道などの月別一覧です。上記の年・月をクリックすると、その月の一覧が表示されます。

著書

原著論文

Association between perfluoroalkyl substance exposure and thyroid hormone/thyroid antibody levels in maternal and cord blood: The Hokkaido Study.
Itoh S、Araki A、Miyashita C、Yamazaki K、Goudarzi H、Minatoya M、Ait Bamai Y、Kobayashi S、Okada E、Kashino I、Yuasa M、Baba T: 栄養疫学・食育研究部: Environ Int: 2019.12


Concomitant Use of Dietary Supplements and Medicines among Preschool and School-Aged Children in Japan
Kobayashi E、Sato Y、Nishijima C、Chiba T: 食品保健機能研究部: Nutrients: 11(12): 2960, 2019.12 PubMed


飲酒日におけるエネルギー及び栄養素等摂取量の特徴:NIPPON DATA2010.
岩橋明子、由田克士、荒井裕介、尾島俊之、藤吉朗、中川秀昭、奥田奈賀子、宮川尚子、門田文、岡村智教、大久保孝義、西信雄、上島弘嗣、岡山明、三浦克之、NIPPON DATA2010研究グループ: 国際栄養情報センター: 日本循環器病予防学会誌: 54(3): 178-188, 2019.12


総説

解説等

研究班報告書

国際学会等

Combined effects of soy isoflavone and indigestible food components on equol production and bone mineral density.
Tousen Y: 食品保健機能研究部: The 7th International Conference on Food Factors: 2019.12.4: Kobe (Japan)


Effective coverage of medical treatment for diabetes in Japanese adults: the 2016 National Health and Nutrition Survey
Ikeda N、Nishi N、Sugiyama T、Noda H、Noda M: 国際栄養情報センター: International Diabetes Federation Congress 2019: 2019.12.3: Busan, Republic of Korea


Health promotion policies and food labeling in Japan
Nishi N: 国際栄養情報センター: 7th International Symposium of International Society of Rare Sugars, Special Lecture: 2019.12.3: Takamatsu, Kagawa, Japan


国内学会等

研究所外での講義、講演等

新聞・雑誌報道など

(c) All Copyrights reserved 2009 National Institute of Health and Nutrition