HOME > 調査・研究 > マンスリーレポート
国立健康・栄養研究所
検索
HOME
調査・研究お知らせ国立健康・栄養研究所について
お知らせ
マンスリーレポート
マンスリーレポート(2019年)     2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年

| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月|

検索
>> 2017年4月以降
>> 2011年4月〜2017年3月
>> 2011年3月末まで

マンスリーレポートとは、当研究所の研究者の著書、論文、学会発表、講演、新聞・雑誌報道などの月別一覧です。上記の年・月をクリックすると、その月の一覧が表示されます。

著書

原著論文

A self-reported measurement scale on a potential component of competency in the healthcare staff engaged in the prevention and control of non-communicable disease in Fiji
Ishikawa M、Nomura M、Miyoshi M、Nishi N、Yokoyama T、Miura H: 国際栄養情報センター: BMC Health Services Research: 192019.11


Are There Adverse Events after the Use of Sexual Enhancement Nutrition Supplements? A Nationwide Online Survey from Japan
Nishijima C、Kobayashi E、Sato Y、Chiba T: 食品保健機能研究部: Nutrients: 11(11): 2814, 2019.11.18 PubMed


Does physical activity attenuate the association between birth weight and glycated hemoglobin in non-diabetic Japanese women?
Aoyama T、Miyatake N、Seki K、Hossaka K、Takimoto H、Tanaka S: 栄養・代謝研究部: Journal of DOHaD : : (accepted), 2019.11.18 PubMed


Study of the Relationship between Body Mass Index, Body Image, and Lifestyle Behaviors: A Community Survey in Fiji
Ishikawa M、Yokoyama T、Nishi N、Miura H: 国際栄養情報センター: JMAJ DOI: 10.31662/jmaj.2019-0042: 2019.11


The choice of pedometer impacts on daily step counts in primary school children under Free-Living Conditions
Tanaka C、Hikihara Y、Inoue S、Tanaka S: 栄養・代謝研究部: Int J Environ Res Public Health.: 16(22): E4375, 2019.11.9 PubMed


総説

シフトワーカー のための時間栄養学
山崎聖美: 臨床栄養研究部: 体育の科学: 69(11): 812-816, 2019.11: 杏林書院


理学療法士に必要な栄養学の知識 6―栄養・食品成分と骨
東泉裕子: 食品保健機能研究部: 理学療法: 36(11): 2019.11: メディカルプレス


解説等

時間栄養学のこれまでとこれから
田中茂穂: 栄養・代謝研究部: 体育の科学: 69(11): 778-779, 2019.11: 杏林書院


研究班報告書

国際学会等

国内学会等

研究所外での講義、講演等

健康寿命の延伸と社会保障費の推移に関するシミュレーション
西信雄: 国際栄養情報センター: 国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所国立健康・栄養研究所 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構食品研究部門 研究交流会セミナー: 2019.11.15: 食品研究部門管理棟


新聞・雑誌報道など

(c) All Copyrights reserved 2009 National Institute of Health and Nutrition