Laboratory

ワクチンマテリアルプロジェクト

生体内の半分以上の免疫細胞が存在する腸管組織の免疫システムに着目し、感染症に対するワクチンやアレルギー・炎症性疾患を予防、改善するための免疫療法、機能性食品の開発を目指した研究を進めています。
ワクチン開発においては、近年「腸内フローラ」として注目されている腸内細菌や各種食中毒を引き起こす病原細菌といった共生・病原微生物の機能や性質を活用したワクチンデリバリーやアジュバント、ワクチン抗原の開発を行っています。また食事にも焦点を当て、食を介した免疫制御とワクチン効果への影響、さらにはそこから波及する健康科学への展開について研究を進めています。

スタッフ
  • プロジェクトリーダー:國澤 純
  • 主任研究員:長竹 貴広
  • 研究員:細見 晃司
  • 特任研究員:平田 宗一郎、河合 総一郎、近藤 早希
主な研究テーマ
  • 微生物機能を活用したワクチンマテリアルの創出
  • 食事を介した免疫制御機構の解明と健康維持における役割
                                 

アジュバント開発プロジェクト

感染症やその他免疫関連疾患における核酸(DNA、RNA)の免疫制御機構とその生理学的意義の解明、及び核酸を利用したワクチン、アジュバント、代替免疫療法開発を行っています。
これらの研究成果をもとに、自身の臨床経験や治験審査の経験など最大限生かし、”Bench to Clinic”の具現化を目標にしております。本プロジェクトではワクチンのアジュバント開発研究に焦点を当て、既存、もしくは現在開発中のアジュバントの作用機序やその科学的なエビデンスに基づいた有効性、安全性の向上技術の確立を目指します。

スタッフ
  • プロジェクトリーダー:黒田 悦史
  • サブプロジェクトリーダー:飯島 則文
  • 特任研究員:百田 匡寿
主な研究テーマ
  • ワクチン・アジュバントの細胞内および細胞間シグナルの分子基盤とその応用
  • 新規ワクチン技術、アジュバントの開発

モックアップワクチンプロジェクト

近年、新型インフルエンザ、エボラ出血熱、MERS(中東呼吸器症候群)、SFTS(重症熱性血小板減少症候群)等の新たな感染症(新興感染症)の流行が世界各地で発生し、生命に重篤な影響を及ぼすものとして大きな問題となっています。
こうした問題に対し日本でも様々な研究機関・製薬企業が連携して国産の新規モックアップ(模擬)ワクチン開発研究が取り組まれています。本プロジェクトでは、あらゆる新興感染症に対応可能な新規モックアップワクチン開発研究を行い、実用化を含めたプラットフォームの構築を目指します。

スタッフ
  • 招へいプロジェクトリーダー :石井 健
主な研究テーマ
  • モックアップワクチンの対象となる病原体の完全合成可能な抗原作成
  • モックアップ抗原と各種アジュバントの組み合わせの最適化ワクチンの作成

感染病態制御ワクチンプロジェクト

近年、H5N1鳥インフルエンザ、新型のコロナウイルスによる中東呼吸器症候群(MERS)、エボラ出血熱などの重症型のウイルス感染症が発生しています。これらの感染症が重症化すると、急性呼吸窮迫症候群(ARDS)や多臓器不全が引き起こされ、集中治療室(ICU)において人工呼吸などの集中治療が必要となりますが、今のところ救命に繋がる有効な治療法がありません。
本プロジェクトでは重症ウイルス感染症の病態をウイルス-宿主核内相互作用の観点から解明し、ワクチンを含む新しい治療法の基盤となる研究を目指しています。

スタッフ
  • プロジェクトリーダー:今井 由美子
  • 研究員:市田 悠、林 豪士
  • プロジェクト研究員:椎森 仁美
  • 客員研究員:久場 敬司、津田 陽
主な研究テーマ
  • ウイルス感染に対する染色体高次構造変化のダイナミクスと病原性発現機構の解明
  • ウイルス感染に対する宿主ならびにウイルスmRNA翻訳機構の解明
  • 感染病態形成における免疫・神経臓器間相互作用の解明
  • ウイルス感染の重症病態の形成を司る動的ネットワークの予測

免疫バイオロジクスプロジェクト

自己免疫疾患に代表される免疫病、および感染症は、自他己抗原をトリガーとする炎症反応を伴う疾患です。それら疾患の発症機構の解明と予防・治療薬の開発を行っています。
特に自己免疫疾患で認められる自己抗体、および感染症治療に用いられる免疫グロブリン製剤の中和抗体等、ヒトリコンビナント抗体開発を通じて、確定診断法や抗体治療戦略の構築を目指します。さらに、“ヒト免疫原性”に則した感染症関連ワクチン抗原のターゲット探索を行い、これらの情報集積によって、ヒトに対してより効果的で安全性の高いバイオロジクス製剤化を推進します。

スタッフ
  • プロジェクトリーダー:安居 輝人
  • プロジェクト研究員:南谷 武春、姜 秀辰
  • 協力研究員:早川 正樹
  • 技術顧問:井上 豪、向 洋平
主な研究テーマ
  • 感染症・自己免疫疾患病態発現機構の解明
  • 自己抗体、感染症中和抗体のリコンビナント製剤開発
  • 感染症関連ワクチン抗原のターゲット探索とヒト免疫原性情報の集積化

細胞ワクチンプロジェクト

我々の免疫系に働きかけるワクチンは、従来の感染症予防目的から、がん、生活習慣病、アレルギーなどの疾患治療目的にも適用範囲が広がってきています。また、ワクチンマテリアルも、ウイルスやその構成タンパク質、免疫賦活ペプチドのような化学物質だけでなく、樹状細胞やCAR-T細胞など、免疫系を構成する細胞を用いる治療が急速に実用化されつつあります。
本プロジェクトでは、将来の重要なモダリティーともいえる機能性細胞ワクチンをいかに創り込むかについて探求し、様々な疾患治療への適用を目指しています。

スタッフ
  • プロジェクトリーダー:河原 正浩
主な研究テーマ
  • キメラ受容体による細胞運命制御系の開発
  • 細胞運命シグナルを利用した創薬プラットフォームの開発
  • 細胞内シグナル伝達のカスタム設計