Welcome GUEST
重要なお知らせ
現在リニューアル中のため、これは閲覧のみの旧バージョンです。質問や検索はできませんのでご注意下さい。
SmartFAQ is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of InBox Solutions (http://www.inboxsolutions.net)

整腸目的で乳酸菌の摂取量について目安(?億個)といったようなものはないのでしょうか。また、乳酸菌の概要について学べるような書籍はありませんか?(20代男性)
Requested and Answered by ゲスト on 25-Nov-2011 10:27 (1085 reads)
ご質問にお答えします。

整腸目的での乳酸菌の接種量についてのご質問ということで,特にプロバイオティクス乳酸菌の摂取量についてご説明致します。

プロバイオティクスとは,現在「ヒトや動物に投与した際に,腸内菌叢の改善効果によって宿主の健康に好影響を与える生きた一種,もしくは混合微生物」とされています。乳酸菌の中でも胃酸や胆汁酸といった各種消化液に耐性を有する菌株が,生きたまま腸管に到達し,整腸作用を示すと考えられています。これまでにいくつかの菌株で整腸作用が調べられ科学的に証明されています。こうした乳酸菌の場合でも一日約百億個程度の摂取が必要なようです。市販の発酵乳中には1mlあたり一千万個の乳酸菌を含めることが規定されておりますので,プロバイオティクス乳酸菌で調製した発酵乳製品を一日500mlほど摂取する必要があります。また,一日だけでなく,毎日摂取する必要があります。

ちなみに,発酵乳自体にも整腸作用は認められているため,プロバイオティクス乳酸菌を含まない発酵乳でも整腸作用が期待できます。また,効果には個人差があるため,整腸作用を示すための必要乳酸菌摂取量を決めることは難しいのですが,あくまで目安としては上記の一日百億個程度と考えられます。

乳酸菌の概要について学ぶには,以下の書籍をお薦めします。前者は微生物学的な知見を含む書籍です。後者は食品としての乳酸菌に焦点を当てたものです。

「乳酸菌の科学と技術」 乳酸菌研究集談会 編 学会出版センター (1996)
「発酵乳の科学―乳酸菌の機能と保健効果」 細野明義 編 アイケイコーポレーション (2002)

(独)国立健康・栄養研究所
津田治敏・石見佳子


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
メインメニュー