HOME > 調査・研究 > マンスリーレポート
国立健康・栄養研究所
検索
HOME
調査・研究お知らせ国立健康・栄養研究所について
お知らせ
マンスリーレポート
マンスリーレポート(2021年)     2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年 2020年

| 1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月|

検索
>> 2017年4月以降
>> 2011年4月〜2017年3月
>> 2011年3月末まで

マンスリーレポートとは、当研究所の研究者の著書、論文、学会発表、講演、新聞・雑誌報道などの月別一覧です。上記の年・月をクリックすると、その月の一覧が表示されます。

著書

原著論文

Adherence to the Japanese physical activity guideline during early childhood among rural preschoolers: A cross-sectional study.
Fukushima N、Abe T、Kitayuguchi J、Tanaka C、Amagasa S、Kikuchi H、Okada S、Tanaka S、Inoue S: 栄養・代謝研究部: J Epidemiol .: 31(3): 194-202, 2021.3.5 PubMed


Estimating model of sedentary behavior with a tri-axial accelerometer in elementary school children
Hikihara Y、Tanaka C、Oshima Y、Ohkawara K、Ishikawa-Takata K、Tanaka S: 栄養・代謝研究部: J Phys Fitness Sports Med: 10(2): 2021.3


Heterogeneous contributions of change in population distribution of body mass index to change in obesity and underweight
NCD Risk Factor Collaboration (NCD-RisC)、Ikeda N: 国際栄養情報センター: eLife: 10: e60060, 2021.3.9: DOI: 10.7554/eLife.60060 PubMed


Study factors associated with the incompletion of clinical trials that include pediatric patients: a retrospective analysis of the European Clinical Trials Database and a lesson from the European region
Tanemura N、Sasaki T、Sato J、Urushihara H: 食品保健機能研究部: Trials: 22(204): 1-9, 2021.3.12 PubMed


Validity of a Japanese version of a two-item 60 minutes moderate to vigorous physical activity screening scale for compliance with the WHO physical activity recommendation
Kyan A、Tanaka S、Takakura M、Olds T、Schranz N、Tanaka C: 栄養・代謝研究部: J Phys Fitness Sports Med: 10(2): 2021.3


総説

解説等

健康日本21(第二次)の中間評価からみた生活習慣と社会環境に関する目標設定の課題
西信雄: 国際栄養情報センター: 日本循環器病予防学会誌: 56(1): 1-6, 2021.3.25


研究班報告書

国際学会等

国内学会等

オフィス労働者の身体活動量を高めるための包括的・多要素アプローチ考案に向けたインタビュー調査
Kim Jihoon、水島諒子、中田由夫: 栄養疫学・食育研究部: 第22回日本健康支援学会年次学術大会・第8回日本介護予防・健康づくり学会大会: 2021.3.6: 筑波大学筑波キャンパス(茨城)


シンポジウム 4 より良いがん医療を提供するためにチームで研究をデザインする ”データの品質管理の意義とそのマネジメントの実践”
種村菜奈枝: 食品保健機能研究部: 日本臨床腫瘍薬学会学術大会2021: 2021.3.6: 幕張(オンライン開催)


ボランティア主導型減量支援プログラムの体系的評価
水島諒子、中田由夫、笹井浩行、前田清司、田中喜代次: 栄養疫学・食育研究部: 第22回日本健康支援学会年次学術大会・第8回日本介護予防・健康づくり学会大会: 2021.3.6: 筑波大学筑波キャンパス(茨城)


住民主導による減量支援プログラムの地域展開(シンポジウムテーマ: 地域文化に根ざした栄養指導と運動療法)
中田由夫、水島諒子: 栄養疫学・食育研究部: 第41回日本肥満学会・第38回日本肥満症治療学会学術集会: 2021.3.20: 富山国際会議場(富山)・Web開催


身体活動と栄養の科学からフレイルを考える シンポジウム4.サクセスフル・エイジングに向けた健康政策とそのエビデンス
宮地元彦、渡邉大輝、吉田司、山田陽介: 身体活動研究部: 第22回日本健康支援学会年次学術大会: 2021.3.7: 筑波大学(Web開催)


研究所外での講義、講演等

新聞・雑誌報道など

(c) All Copyrights reserved 2009 National Institute of Health and Nutrition