リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[病気]  新型コロナ、侵入の要所は鼻の細胞か
2020.8.21 , EurekAlert より:   記事の難易度 2
  

SARS-CoV-2がヒト細胞への感染に利用する、細胞の「フック」は、鼻内部の嗅神経上皮と呼ばれる領域に極めて多く存在していることがわかった。この領域はにおいの感知に重要な役割を持っている。米国ジョンズホプキンズ大学の研究。

成人男女計19名から採取した鼻組織サンプル、4名から採取した気管組織サンプルを調べたところ、細胞のフックともいえるアンジオテンシン変換酵素II(ACE2)受容体が、鼻内部の支持細胞において非常に多く発見された。

これらの細胞は、嗅覚ニューロンと呼ばれる嗅神経上皮と呼ばれる領域に存在する。今回、この領域のACE2受容体の数は鼻の他の領域や気管に比べて200-700倍にものぼることがわかった。

研究者らは、嗅神経上皮は感染に対して特に脆弱であるおそれがあり、無症状だったとしても唯一、感染している部位である可能性を指摘している。そのため、彼らは皆がマスクを「正しく」着用することを勧めている。

鼻と気管の両方を裏付ける今回の予備的研究による発見は、COVID-19を治療するための局所的な抗ウイルス薬や治療法の最良のターゲットを見出す一助となる可能性がある。また、COVID-19では鼻の炎症症状が無くても嗅覚異常がみられるという特徴があることの理由を見つける手がかりともなるだろう。

出典は『欧州呼吸器雑誌』。 (論文要旨)      
 「病気」 カテゴリ 最近の注目トピック
  支援的アプローチが摂食障害を回避するのに有効?  
  シーフード摂取、水銀曝露と死亡リスクとの関連  
  肥満で骨破壊細胞が成長促進  
  全粒穀物は2型糖尿病の経済的影響を大幅に減らす?  
  健康のためにお酒? たぶん意味がない  
  グリコーゲンは脂肪細胞の熱産生に関係している  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報