リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[その他]  旅セラピー:休暇はメンタルヘルスと幸福に役立つか?
2022.7.5 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

音楽療法や芸術療法について聞いたことがある人は多いだろう。だが「旅行療法」はどうだろうか。新しい学際的な論文が観光の見方を変えることを提案している。豪州エディスコーワン大学の報告。

研究者らは、観光をレクリエーション体験としてだけでなく、真の健康上の利益を提供できる業界としてとらえ、観光の見方を変えることを提案している。

休暇に行くことの多くの側面がメンタルヘルスの問題のある人にプラスの影響を与える可能性があることがわかったという。

主任研究員のジュン・ウェン博士は、観光、公衆衛生、マーケティングの専門家からなる学際的研究チームが、観光が認知症の人にどのように役立つかを調査した、と述べている。

「医療専門家は、音楽療法、運動、認知刺激、回想法、感覚刺激、患者の食事時間と環境への適応などの認知症治療を推奨することができます」とウェン博士は言う。「これらはすべて、休暇中によく見られることです。本研究は、これらの観光体験が認知症の介入としてどのように機能する可能性があるかを概念的に議論した最初の研究の1つです。」

ウェン博士は、観光の多様な性質は、認知症などの症状の治療を組み込む多くの機会があることを意味していると述べている。たとえば、新しい環境にいて、新しい経験をすることは、認知的および感覚的刺激を提供する可能性がある。

「運動はメンタルヘルスに関連しており、旅行には、より多くの歩行などの身体活動の強化が含まれることがよくあります」とウェン博士は述べている。

「休暇中の食事はしばしば普段とは異なります。通常、食事は複数の人とのより社会的な事象であり、家族スタイルの食事は認知症患者の食事行動にプラスの影響を与えることがわかっています。そして、その根底にはビタミンDとセロトニンのレベルを高める新鮮な空気や日光があります。」

「全体的な観光体験をもらたしているすべてのものから、認知症の患者が介入として観光からどのように利益を得ることができるかを簡単に見ることができます。」

ウェン博士は、近年のCOVID-19の旅行への影響が、ライフスタイルや経済的要因を超えた観光の価値について議論を呼び起こすことになったと述べている。

「観光は身体的および心理的幸福を高めることがわかっています」と彼は言う。「したがって、COVID後は、健康な観光客だけでなく、脆弱なグループにとっても、公衆衛生における観光の場所を特定する良い機会です。」

ウェン博士は、観光業がさまざまな条件の人々の生活をどのように向上させることができるかを調査するための新しい共同研究が始まることを望んでいると述べている。「私たちは観光と健康科学の橋渡しで何か新しいことをしようとしています。」

「観光が認知症やうつ病などのさまざまな病気に対する医学的介入の1つになり得るかどうかを確認するには、より経験的な研究と証拠が必要です。つまり、観光は旅行や楽しみだけではありません。現代社会で観光業が果たす役割を再考する必要があります。」

出典は『観光マネジメント』。 (論文要旨)      
 「その他」 カテゴリ 最近の注目トピック
  誰が遺伝子編集食品を信頼するの?  
  社会はリスクについてどう考えているか  
  塩分摂取量を3割減?!「電子箸」を開発  
  そう、わたしには違って見えるけど  
  友情を生む香りとは  
  カップルの満足度は、相手の愛情表現しだい?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報