リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[栄養]  ビタミン剤は殆どの米国人にとって「お金の無駄」?
2022.6.27 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

米国予防医学専門委員会(USPSTF)の新ガイドラインによると、健康で妊娠していない成人の心血管疾患やがんを予防するためのマルチビタミンや栄養補助食品の使用をサポートする証拠は「不十分」である。

84件の研究の系統的レビューに基づいて、USPSTFの新しいガイドラインは、マルチビタミン、ペアサプリメント、またはシングルサプリメントを摂取することが、健康で妊娠していない成人の心血管疾患やがんの予防に役立つというには「不十分な証拠」しか存在しないと述べている。

「委員会は『マルチビタミン剤を服用するな』と言っているわけではありませんが、これらが本当にあなたにとって良いのなら、私たちは今までにそのことを知っていただろうということです」と『JAMA』誌のエディトリアルの著者の一人でノースウェスタン大学のジェフリー・リンダ―内科部長は述べている。

委員会は、肺がんのリスクが高まる可能性があるため、ベータカロテンのサプリメントを摂取しないように特に推奨している。また、ビタミンEのサプリメントは、死亡率、心血管疾患、またはがんを減らす効果がないため、摂取しないように推奨している。

リンダー医師は、ビタミン欠乏症の人が、骨折を予防しおそらく高齢者に転倒を防止することが示されているカルシウムやビタミンDなどの栄養補助食品を摂取することで利益を得ることはできると述べている。

また、新しいUSPSTFのガイドラインは、妊娠中または妊娠しようとしている女性には適用されない、と著者の一人で一般内科インストラクターのナタリー・キャメロン医師は述べている。

「妊娠中の人は、これらのガイドラインが彼女らに適用されないことを心に留めておくべきです」とキャメロン医師は言う。「葉酸などの特定のビタミンは、妊娠中の女性が健康な胎児の発育をサポートするために不可欠です。これらのニーズを満たすための最も一般的な方法は、出産前にビタミンを摂取することです。特定のビタミン補給が妊娠中の有害な妊娠転帰と心血管合併症のリスクをどのように修正するかを理解するには、より多くのデータが必要です。」

さらに、ノースウェスタン大学の最近の研究によると、米国のほとんどの女性は妊娠前の心臓の健康状態が悪いことがわかっているという。キャメロン医師は、ビタミン補給について話し合うことに加えて、妊娠前に心血管の健康を最適化するために患者と協力することは、出産前ケアの重要な要素であると述べている。

ライフスタイルの介入を通じて低所得世帯の慢性疾患の予防を研究している共著者の一人であるジェニー・ジア医師は、米国の工業化された食品システムが健康を優先しないときには、健康的な食事は挑戦になる可能性があると述べている。

「特に低所得の米国人の間では、健康的な食事を取り、より多くの運動をすることは、口で言うほど簡単ではありません」とジア医師は言う。「健康的な食品は高価であり、人々は運動する環境を見つける手段を常に持っているわけではありません。屋外が安全でなく、有料の施設に行く余裕はないかもしれません。」

出典は『米国医学会誌(JAMA)』。 (論文要旨)      
 「栄養」 カテゴリ 最近の注目トピック
  ピーナッツは減量、血圧低下、血糖値の改善を助ける?  
  ビタミンDサプリで骨折リスクは低下せず  
  積極的なたんぱく質摂取がより健康的な食事への道?  
  食事を見るだけで脳の炎症反応が引き起こされる?  
  フードミクス:食べ物を知るのに役立つ生体分子を探る   
  アミノ酸、不足も過剰も肝細胞に影響  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報