リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[病気]  ラガービールが男性の腸内微生物を助ける可能性?
2022.6.20 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

アルコールが入っていなくてもラガービールには、男性の腸内細菌を改善する効果があるようだ、というポルトガル・NOVAデ・リスボン大学からの研究報告。

研究チームは、19名の健康な男性を対象にランダム化二重盲検対照試験を実施し、毎日325mlのラガービールまたはノンアルコールラガーを4週間摂取した。

その結果、両群とも腸内細菌叢の細菌多様性が高まり、糞便アルカリホスファターゼが上昇し、腸の献上状態が改善したことが示唆された。

以前に実施された男女両方を対象にしたクロスオーバー試験では、ノンアルコールラガーの30日間摂取で腸内細菌叢の多様性が増加したが、アルコール入りのラガービールにはその効果は見られなかった。

今回、異なる結果が得られたことに対して、研究チームは、研究デザインや参加者の居住地域が異なるためではないか、としている。

研究者は、本研究結果に基づいて、自身もビールを飲んでおり、ノンアルコールがより健康的な選択だろう、とコメントしている。

出典は『農芸・食品化学雑誌』。 (論文要旨)      
 「病気」 カテゴリ 最近の注目トピック
  糖尿病新治療のカギに?画期的な発見  
  フルクトースはグリセリン酸を介して糖尿病リスクを高める?  
  DHAレベルが高い人、アルツハイマーのリスク半減  
  腸内細菌×食物繊維、アトピーに役立つ可能性  
  コーヒーは急性腎障害のリスクの低下につながる?  
  乳製品の摂取は前立腺がんのリスクの増加に関連する?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報