リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[栄養]  超加工食品は有害か? 専門家が証拠を比較検討する
2022.6.13 , EurekAlert より:   記事の難易度 3
  

食事ガイドラインは、世界中の栄養に関するアドバイスと規制の基礎を形成している。ほとんどの既存のガイドラインには強力な科学的コンセンサスがあるが、最近、ある質問が議論を巻き起こした:消費者は超加工食品を避けるように警告されるべきか? 最近AJCN誌に発表された2つの論文が、従来の食品分類システムを超えた超加工食品の概念の使用について、賛否両論を概説している。

議論の中心は、ブラジル・サンパウロ大学のカルロス・モンテイロ博士らによって開発された、未加工または最小限の加工から超加工まで、工業的加工の程度によって食品を分類するシステムであるNOVAである。NOVAは、超加工食品を、食品から物質を抽出し、最終製品を配合するために化学物質や添加物でそれらを変更する一連のプロセスを使用して製造されたものと定義している。超加工食品は、安くて美味しくて便利なように設計されているのが特徴だ。例として、清涼飲料、キャンディー、包装済みスナック、ペストリー、すぐに加熱できる製品、再構成肉製品または植物ベースの代替品などが挙げられる。

研究によると、塩分、砂糖、脂肪が多い超加工食品の摂取は、食事中の塩分、砂糖、脂肪の量を調整した後でも、体重増加や慢性疾患のリスクの増加と関連している。これらの関連の背後にあるメカニズムは完全には理解されていないが、モンテイロ博士は、既存の証拠は、食事の推奨において超加工食品の消費を思いとどまらせることを正当化するのに十分であると主張する。

対する反論の中で、デンマーク・ノボノルディスク財団のアルネ・アストループ博士は、加工方法に従って食品を分類することは、既存のシステムを有意義に改善せず、意図しない結果につながる可能性があると主張している。たとえば、植物ベースの食品の重要性を高めることには栄養面と環境面の両方の利点があるが、多くの健康的な植物ベースの肉や乳製品の代替品は超加工と見なされる。アストループ博士はまた、フライドポテト、ハンバーガー、ピザなどの不健康な食品は、ファストフードレストランから購入した場合は超加工と見なされるが、同様の材料を使用して自宅で製造した場合は最小限の加工であると指摘する。

「明らかに、食品加工の多くの側面が健康上の結果に影響を与える可能性があるが、慢性疾患のリスクの主な決定要因は既存の栄養素プロファイリングシステムによってすでに把握されているため、それらを超加工の概念に統合する必要はない」とアストループ博士は述べている。

Yes: https://doi.org/10.1093/ajcn/nqac122
No: https://doi.org/10.1093/ajcn/nqac123

出典は『米国臨床栄養学雑誌』。 (論文要旨)      
 「栄養」 カテゴリ 最近の注目トピック
  ピーナッツは減量、血圧低下、血糖値の改善を助ける?  
  ビタミンDサプリで骨折リスクは低下せず  
  積極的なたんぱく質摂取がより健康的な食事への道?  
  食事を見るだけで脳の炎症反応が引き起こされる?  
  フードミクス:食べ物を知るのに役立つ生体分子を探る   
  ビタミン剤は殆どの米国人にとって「お金の無駄」?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報