リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[休養]  中高齢者には7時間の睡眠が最適?
2022.5.18 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

中年以上の人々にとって理想的な睡眠時間は7時間であり、睡眠が少なすぎるか少なすぎると、認知能力とメンタルヘルスが低下する、というケンブリッジ大学と復旦大学の研究が『ネイチャー加齢』誌に発表された。

研究チームは、英国バイオバンクの38-73歳の成人約50万人のデータを調査した。参加者は、睡眠パターン、メンタルヘルス、ウェルビーイングについて質問され、一連の認知テストに参加した。脳イメージングと遺伝子データは、研究参加者のほぼ40,000人分が利用できた。

これらのデータを分析することにより、チームは、不十分な睡眠時間と過剰な睡眠時間の両方が、処理速度、視覚的注意、記憶、問題解決スキルなどの認知能力の低下に関連していることを発見した。1日7時間の睡眠は、認知能力だけでなくメンタルヘルスにも最適な睡眠量であり、長時間または短時間の睡眠を報告した場合、不安やうつ病の症状が多くなり、全体的な健康状態が悪化する。

研究チームは、睡眠不足と認知機能低下との関連の考えられる理由の1つは、徐波-「深い」-睡眠の混乱に起因する可能性があると述べている。このタイプの睡眠の中断は、記憶の統合やアミロイドの蓄積と密接に関連していることが示されている。アミロイドは、誤って折りたたまれると、ある種の認知症に特徴的な脳に「もつれ」を引き起こす可能性がある。さらに、睡眠不足は、毒素を取り除く脳の能力を妨げる可能性がある。

チームはまた、睡眠の量と、認知処理および記憶に関与する脳領域の構造の違いとの間に関連性があることを発見した。これも、7時間以上または7時間未満の睡眠に関連して大きな変化がみられた。

持続時間の変動が大きすぎず、毎晩一貫して7時間の睡眠をとることも、認知能力と良好なメンタルヘルスと幸福にとって重要だった。以前の研究では、睡眠パターンの中断が炎症の増加と関連していることも示されている。

「高齢者の睡眠を改善する方法を見つけることは、特に精神障害や認知症の患者にとって、彼らが良好なメンタルヘルスとウェルビーイングを維持し、認知機能の低下を回避するのを助けるために重要である可能性があります」と共著者のバーバラ・サハキアン教授はコメントしている。

出典は『ネイチャー加齢』。 (論文要旨)      
 「休養」 カテゴリ 最近の注目トピック
  不健康な睡眠習慣に脂肪肝疾患のリスク?  
  ストレス後に不安を和らげるニューロンを発見  
  睡眠不足は不健康な腹部脂肪を増加させる?  
  睡眠不足は内臓脂肪を貯める  
  睡眠不足は激しい運動の心臓ストレスを高める?  
  より多く眠れば、カロリー摂取量が低下する?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報