リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[病気]  コーヒー抽出法と男女差がコレステロール値上昇のカギ?
2022.5.13 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

コーヒーの血清総コレステロールへの影響は、抽出方法と摂取者の性別によって異なるようだ、というノルウェー・トロムソ大学などからの研究報告。

研究チームは、ノールノルゲ(北部ノルウェー)におけるトロムソ研究の第7次調査からの横断的集団データ(40歳以上、女性11,074人、男性10,009人)を解析した。

その結果、1日3-5カップのエスプレッソの定期的摂取は、エスプレッソを飲まない者と比べて、血清総コレステロールの上昇(女性0.09mmol/L、男性0.16mmol/L)と有意に関連していた。

1日6カップ以上のボイルド/プランジャー・コーヒーの摂取もまた、これらを飲まない者と比べて、血清総コレステロールの上昇(女性0.30mmol/L、男性0.23mmol/L)と関連していた。

女性では、1日6カップ以上のフィルター・コーヒーの摂取は、これらを飲まない者と比べて、血清総コレステロールの上昇(女性0.11mmol/L)と関連していたが、男性では関連がみられなかった。

インスタント・コーヒーの摂取は、有意な線形傾向を示したが、インスタント・コーヒーを飲まないものを排除すると、用量作用関係を示さなかった。

ボイルド/プランジャー・コーヒー以外のコーヒー摂取では有意な男女差が認められた。

「コーヒーは世界中で最も頻繁に摂取される中枢神経刺激薬です。コーヒーの消費量が多いため、わずかな健康への影響でさえ、かなりの健康への影響をもたらす可能性があります」と研究者はコメントしている。

出典は『オープンハート』。 (論文要旨)      
 「病気」 カテゴリ 最近の注目トピック
  糖尿病新治療のカギに?画期的な発見  
  フルクトースはグリセリン酸を介して糖尿病リスクを高める?  
  ラガービールが男性の腸内微生物を助ける可能性?  
  DHAレベルが高い人、アルツハイマーのリスク半減  
  腸内細菌×食物繊維、アトピーに役立つ可能性  
  コーヒーは急性腎障害のリスクの低下につながる?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報