リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[高齢者]  健康な生活習慣がアルツハイマー病のリスクを下げる?
2022.4.15 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

健康な生活習慣は、男女両方の平均余命の延長に関連しており、彼らの多くがアルツハイマー病に罹患することなく生きていた、という米国ラッシュ大学などからの研究報告。

研究チームは、「シカゴ健康・老化プロジェクト(CHAP)」内で、認知症の既往のない65歳以上(平均年齢76歳)の2,449人のデータを分析した。

年齢、性別、民族、教育など潜在的に影響力のある要因を考慮して解析した結果、研究チームは、健康な生活習慣(適度の運動、知的活動(cognitive engagement)、健康な食事)を持つ女性と男性の65歳における平均余命がそれぞれ24.2年と23.1年であることを発見した。それに対して、健康な生活習慣が少ない女性と男性では、平均余命はより短く、21.1年と17.4年だったという。

健康な生活習慣をもつ女性と男性がアルツハイマー病に罹患して過ごす長さは、残りの年の10.8%(2.6年)と6.1%(1.4年)で、対する健康な生活習慣が少ない女性と男性では、19.3%(4.1年)と12.0%(2.1年)だった。

85歳ではさらに違いが顕著であったという。

本研究は、長期的な追跡調査を伴う集団ベースの研究であり、観察研究であるため、原因を特定することはできないという。研究チームは他にもいくつかの制限事項を指摘している。例えば、生活習慣は自己申告であるため測定誤差につながる可能性があるという。

とはいえ、研究チームは、「この調査は、健康的なライフスタイルによる平均余命の延長が、アルツハイマー型認知症と共に暮らす年数の増加を伴わないことを示唆しています」と結論付けている。

出典は『英国医学雑誌(BMJ)』。 (論文要旨)      
 「高齢者」 カテゴリ 最近の注目トピック
  片足で10秒立てない中高齢者、死亡リスクほぼ2倍に  
  食事の問題は高齢の在宅介護クライアントの間で一般的  
  若者vs高齢者、フェイクニュースを見抜けるのは?  
  遅発性のアルコール乱用には認知症の兆候がある?  
  高齢者の葉酸低下は認知症と死亡リスクの上昇に関連している?  
  命短し恋せよ乙女? それとも、冷たく長生きする?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報