リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[その他]  悲しい気分を直す最良の方法とは?
2022.1.26 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

悲しい気分を改善するための最良の方法は何だろうか? 米国オハイオ州立大学の新研究によると、それはあなたが得意だと信じるスキルなら何でもかまわないのかもしれないという。

研究チームは、人は最も高いスキルがあると言われた気分改善方法を使用した時、最も低いスキルしかないと言われた改善法を使ったときに比べて、悲しい気分がより速く改善することを発見した。

けれども、この研究のもっとも驚くべき点は、参加者がランダムに一方のスキルが高いと言われていたことだという。「私たちの結果は、参加者が実際にスキルに長けているかどうかは関係がないことを示唆しています。彼らがそのスキルに長けていると信じることが効果をもたらしたのです」と主任研究者のダニエル・ストランク教授は述べている。

研究チームは616人の学部生を対象に、認知療法とマインドフルネスという2つの治療スキルについて簡単に話し、日常生活に役立つかもしれないと述べた。どちらも、うつ病などの問題を抱えるクライアントを支援するためにセラピストが用いているものである。

次に、参加者は、それらのスキルを使用できるという架空の状況−友人からの社交行事に招待されなかったために傷ついたと感じる―を与えられた。両方のスキルを練習し、それらの使用に関するいくつかの測定を完了するように指示された。

参加者は、ランダムに認知またはマインドフルネスのスキルのどちらかが最も強いスキルまたは最も弱いスキルであると言われ、実験の次の部分である「悲しい気分の誘導」でそのスキルを使用することになると言われた。

その後、研究チームは、半分の速さで演奏される悲しい歌「モンゴル治下のロシア」を聴きながら、死にゆく気になる人を鮮やかに想像させて、参加者を悲しませた。

予想通りほとんどの人は、誘導直後に気分の大幅な低下を報告した。次に、参加者は、悲しい気分の誘導後数分後に5つの気分評価に応答するように求められた。

すべての参加者は、誘導が終わった後、彼らの気分が徐々に改善するのを見た。結果は、認知スキルまたはマインドフルネススキルの使用を求められたかどうかは、気分の回復に大きな影響を与えなかったことを示した。

最も強いといわれたスキル(認知かマインドフルネスかにかかわらず)を使った参加者は、最も弱いといわれたスキルを使った参加者に比べて気分の改善がより大きかった。

「ここではマインドフルネスと認知スキルのみを研究しましたが、メンタルヘルスを改善するためのさまざまなアプローチがあります。あなたにとって最もうまくいくと思うものは、おそらく実際に最もうまくいくでしょう」とストランク教授はコメントしている。

出典は『臨床心理学雑誌』。 (論文要旨)      
 「その他」 カテゴリ 最近の注目トピック
  ハーブサプリメントの摂取には注意が必要  
  WHO財団はアルコール業界の寄付を受けるべきではない  
  食事を改善し、がんのリスクを減らすための公衆衛生対策が必要  
  健康コーチと1回だけのセッションは逆効果?  
  スーパーで人々をより健康的な食品の購入に誘導する  
  仲間を選ぶ人は孤独を選ぶ人より幸せです?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報