リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[高齢者]  緑色地中海ダイエットは加齢に伴う神経変性を遅らせる?
2022.1.25 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

緑色地中海ダイエットは、加齢に伴う神経変性を遅らせる働きがあり、それは部分的にはポリフェノールのおかげかもしれない、というイスラエル・ネゲヴ・ベン・グリオン大学からの研究報告。

研究チームは、31-82歳の男女284人(男性88%)をランダムに3群に分け、18カ月にわたって各々(1)健康的な食事ガイドラインダイエット群、(2)地中海ダイエット群、(3)緑色地中海ダイエット群を提供した。地中海群にはポリフェノールが豊富なクルミが追加された。緑色地中海群には、さらに高ポリフェノールの野菜・果物と、緑茶3-4杯、マンカイウキクサ青汁1杯が追加された。3群とも、有酸素運動プログラムに無料で参加した。

試験の結果、両方の地中海ダイエット群で、脳萎縮の有意な低減がみられたという。特に50歳以上の参加者では、緑色地中海ダイエット群でより大きな低減が観察された。

「緑色地中海ダイエットの加齢に伴う脳萎縮への有益な効果は、ポリフェノールによって部分的に説明される可能性がある。ポリフェノールは血液脳関門を通過し、神経炎症を減らし、海馬の細胞増殖と神経新生を誘導する可能性がある」と研究者はコメントしている。

この研究は、ドイツ研究振興協会(DFG)(プロジェクト番号209933838-SFB 1052; B11)、イスラエル保健省助成金87472511、イスラエル科学技術省助成金3-13604およびカリフォルニアクルミ委員会からの助成を受けている。

研究の設計、実施、または分析のどの段階にも資金提供者は関与せず、公表前に研究結果にアクセスすることはできなかった。

出典は『米国臨床栄養学雑誌』。 (論文要旨)      
 「高齢者」 カテゴリ 最近の注目トピック
  若者vs高齢者、フェイクニュースを見抜けるのは?  
  健康な生活習慣がアルツハイマー病のリスクを下げる?  
  遅発性のアルコール乱用には認知症の兆候がある?  
  高齢者の葉酸低下は認知症と死亡リスクの上昇に関連している?  
  命短し恋せよ乙女? それとも、冷たく長生きする?  
  中年期の複数の慢性疾患が認知症リスクを高める?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報