リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[子供]  自然さが健康的:ティーンの食品知識
2022.1.21 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

ティーンは「自然さ(naturalness)」で食品の健康度を判断しているようだ、という独マックスプランク人間発達研究所からの研究報告。

食品がいかに自然であるかが、ティーンや若年成人においても、食品がどれほど健康であるかの認識に重要な役割を果たすようだ。同時に、そうしたティーンの食品の評価にはかなりのばらつきがあるという。

平均的なドイツの店の棚には10,000を超える商品があり、単一の商品カテゴリ内でも選択肢は驚くべき数に上る。消費者は多くの場合、400の肉製品と200のベーカリー製品を選択できる。この複雑な日常環境においては、直感的な意思決定が必要である。先行研究では、個々の食品の質と健康に対する子供たちの認識は依然として曖昧であることが示されている。しかし、すでに食料品の購入を担当している可能性があり、食べ物にポケットマネーを使うことが多いティーンはどうだろうか。

研究チームは、13-16歳の36人の食品認識を68人の栄養専門家(栄養士や栄養系学生など)の食品認識と比較した。また平均年齢30歳の若年成人との比較も行った。すべての参加者に43の一般的な食品の写真を見せ、脂肪、砂糖、たんぱく質の含有量、加工レベル、原産地、包装など、17の特性について各製品を評価するように依頼した。さらに、参加者は、各製品がどれほど「健康的」であると思ったかを示すように求められた。

参加者の反応パターンに基づいて、研究者は参加者が食物の認識を構造化する次元を特定した。彼らは、ティーンと専門家の評価には多くの共通点があることを発見した。

「すべてのグループで、認識を導く重要な要素は、食べ物がいかに自然であるかでした。包装が少なく、添加物が少なく、加工が少ない食品は、類似していると認識され、グループ化されました」と主任研究者のソーシュテン・パチュア博士は語っている。「自然さは、食品がどれほど健康的であると判断されるかにも重要でした。自然性の次元のスコアが高いほど、食品はより健康的であると評価されました。食品の健康状態を判断するためのこの単純な規則は、ティーンおよび若年成人によって適用され、栄養学の専門家でさえそれに従っているようでした。全体として、健康評価は3つのグループ間で類似していました。リンゴ、水、バナナ、ミルクは非常に健康的で、サンドライトマトとミューズリー・バーはかなり健康的であり、チョコレート・バーとクッキーは最も健康的ではないと認識されていました。」

しかし、3つのグループの間にもいくつかの興味深い違いがみられた。ティーンは、オレンジジュースやフィッシュスティックなどの一部の食品を、専門家よりもはるかに健康的であると評価した。彼らの判断は、オレンジと魚が健康であるという認識によってもたらされたようだ。しかし、オレンジジュースは糖度が高く、フィッシュスティックのパンは脂肪とカロリーが高く、ミネラルとオメガ3脂肪酸が多い魚の利点を相殺している。専門家だけがこれを知っているようだった。さらに、ティーンの食品分類には、「甘いものと塩辛いもの」の区別、つまり単純な味の要素が含まれているように見えた。他のグループでは、知覚は、主にコレステロール、脂肪、たんぱく質などの成分によってのみ構造化されていた。

グループ間のもう1つの違いは、回答のばらつきにあった。専門家の評価はほぼ一貫していたが、ティーンの評価ははるかに多様であった。これは、一部のティーンが関連する食品の知識を欠いており、いくつかの答えを推測したことを示しているという。たとえば、サケとケチャップ、またはより一般的には「良い」脂肪、食物繊維、コレステロールなどの栄養素の個々の評価は著しく異なっていた。

この結果は、自然の側面が、消費者が複雑な食品環境をナビゲートし、食品がどれほど健康であるかを直感的に評価するのに役立つことを示しているという。ティーンはすでにこの直感を持っている。専門家によっても使用されているようにみえるため、自然さは確かに健康な食品を特定するための効果的な手がかりを提供しているようである。

同時に、この研究は、ティーンの栄養教育が、食品成分に関する知識を対象とする必要があることを示唆している。別の研究から、食品と栄養についてのより良い知識がより健康的な消費者の選択に関連していることが示唆されているので、これは有益であろう。

出典は『実験心理学雑誌:応用』。 (論文要旨)      
 「子供」 カテゴリ 最近の注目トピック
  微量栄養素は、ADHDと情動制御不全の子供に有益?  
  母乳育児をした方が良い場合・そうでない場合  
  子どもの性格タイプで将来を予測  
  メチオニン制限が小児の悪性脳腫瘍の予後を改善する?  
  5つの小児期リスク因子が後の心臓発作と脳卒中を予測する?  
  たんぱく質多めだと女の子は身長高めに?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報