リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[高齢者]  老化の自己認識が身体の健康に大きな影響を及ぼす?
2022.1.14 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

老化の否定的な側面にこだわることは、身体の健康とストレスに対応する能力に否定的な影響をおよぼす可能性があるようだ。米国オレゴン州立大学の報告。

歳を重ねるにつれ、人は老化が自分のエネルギー、身体の健康、認知的幸福にどう影響するかを考えるようになる。

研究チームは、100日間にわたる中高齢者(52-88歳)105人の毎日のオンライン調査データを使用して、老化に肯定的な自己認識を報告した人々は、老化を否定的に感じた人々と比較して、ストレスの身体的影響が少ないことを発見したという。

平均して、より高いストレスは、老化の悪い自己認識および悪い健康状態に関連し、一方、老化の肯定的な自己認識は良い健康状態に関連していた。

老化に否定的な自己認識を持つ個人は、通常より多くストレスを報告した日に、老化に肯定的な自己認識を持つ個人に比べて、ほぼ3倍多くの身体症状を報告したという。言い換えれば、老化の肯定的な自己認識は、ストレスの健康影響に対する保護効果を持っていた、ということだと研究チームは述べている。

「これらのことは、長期的にだけでなく、私たちの日常生活においても、私たちの健康と幸福にとって本当に重要です」と筆頭著者のダコタ・ウィッツェル博士候補生は述べている。「身体症状を報告する可能性は、あなたが老化のより良い自己認識を持っているとき、平均して大幅に減少します。老化のより良い自己認識は、あなたが実際のどれくらいのストレスを抱えているか、あるいはそう感じているかに関係なく、あなたの健康に良いものなのです。」

出典は『老年医学雑誌シリーズB:心理科学と社会科学』。 (論文要旨)      
 「高齢者」 カテゴリ 最近の注目トピック
  緑色地中海ダイエットは加齢に伴う神経変性を遅らせる?  
  歩行の遅さは、高齢者のフレイルのリスクを予測する?  
  フレイルを減らすと認知症リスクが下がる?  
  筋肉を若返らせる「若者の血」  
  炎症誘発性の食事は、中高年成人のフレイル発症のオッズの増加と関連  
  コーヒーを飲むとアルツハイマー病のリスクが低下する?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報