リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[病気]  肥満が乳がんのリスクを高める理由
2022.1.13 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

がんは、細胞増殖に対する通常の制約を打ち破る遺伝的変化によって引き起こされる。肥満はがんを発症するリスクを高めることが知られているが、その理由は不明だった。ノルウェー・ベルゲン大学の研究者らは、肥満に関連する脂質(パルミチン酸)が、乳がん細胞をより攻撃的にし実際の腫瘍を形成する可能性があることを実証したという。

研究者らは、普通体重の体から過体重または肥満の体へとがん細胞を取り巻く環境の変化が、乳がん細胞を順応させることを発見した。

「これは、新しい遺伝子変異がない場合でも、肥満は腫瘍が形成されるリスクを高めることを意味します」と主任研究者のニルス・ハルバーグ准教授は述べている。

肥満は毎年約50万人の新しいがんの原因であり、肥満率が増加し続けるにつれてその数は増えると予想されている。

「これら2つの複雑な病気がどのように相互作用するかを科学的に分析することは、非常に興味深く、やりがいのあることです。特に、この新しい理解により、研究者は肥満のがん患者のための改善された治療法を設計することができるようになるでしょう」とハルバーグ准教授は附言している。

出典は『ネイチャーコミュニケーション』。 (論文要旨)      
 「病気」 カテゴリ 最近の注目トピック
  サプリメントが筋肉ミトコンドリアの健康を高める?  
  筋肉の健康のカギを握る酵素を発見  
  航空路に似た遺伝子ネットワークは動脈硬化を説明できる?  
  腸には本物の砂糖と人工甘味料の違いがわかる?  
  血管壁に見られる心臓病の新しい治療標的  
  高用量ビタミンDを5年摂取しても、心疾患やがんに影響なし?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報