リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[高齢者]  歩行の遅さは、高齢者のフレイルのリスクを予測する?
2022.1.7 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

ブラジルのサンパウロ州にあるサンカルロス連邦大学の研究者は、英国のユニバーシティカレッジロンドンの研究者と協力して、高齢者の機能障害のリスクを予測する効率的でシンプルかつ安価な方法を発見した。英国に住む60歳以上の3,000人以上のデータを分析し、歩行の遅さだけで、基本的日常生活動作(BADL)および手段的日常生活動作(IADL)を実行する能力の喪失の予測因子と見なすことができることを発見したという。

「私たちの研究は、歩行速度を測定するだけで、高齢者の機能的能力の喪失を効率的に予測するのに十分であることを示しました。私たちの調査結果に基づくと、歩行の遅さはこの喪失に数年先行していると言えます。これは、問題の監視を容易にするので、重要な結果といえます。また、理学療法士、臨床医、老年学者だけでなく、あらゆる医療専門家がリスクを検出できるようになります」と主任研究者のティアゴ・ダ・シルバ・アレクサンドル教授は述べている。

研究チームは、「英国加齢縦断研究」参加者で研究開始時にフレイルでなく、BADL障害がない1,522名およびIADL障害がない1,548名を対象として12年にわたって追跡調査した。

BADL(ベッドから出る、入浴、食事、歩行、着替えなど)およびIADL(ハウスキーピング、洗濯、食事の準備、交通機関の利用、買い物、財政の処理、薬の管理など)を実行する能力の喪失はフレイルに先行して、または同時に、出現する可能性がある。

多くの高齢者に見られるフレイルは、加齢に伴う生理的予備力と機能の低下に起因する脆弱性の増加の臨床的に認識可能な状態として定義でき、転倒、入院、および死亡のリスクが増加する。診断には、歩行速度、握力、身体活動レベル、倦怠感、意図しない体重減少などのパラメーターを測定するための一連の評価が含まれる。

「フレイルは障害の同義語ではありませんが、機能的能力の喪失のリスク因子です」とアレクサンドル教授は言う。「フレイルは、5つの症状またはパラメーターに基づいて評価します。これらのうちの1つまたは2つを持つ被験者は、プレフレイルとして分類され、3つ以上を持つ被験者はフレイルとして分類されます。この方法論は複雑であり、機器とアンケートが必要です。普遍的に使用されているわけではありません。」

研究チームは、全体的なフレイルを5つの要素のそれぞれと比較し、歩行の遅さだけが男女のBADLとIADLのより良い予測因子であると結論付けた。「これは早期の指標です。この発見により、医療専門家は問題をより簡単に検出できるようになります。歩行の遅さの原因を調査するために、彼らはより早く始めることができます」と筆頭著者のダヤネ・カプラ・デ・オリベイラは述べている。

アレクサンドル教授によれば、問題が特定されるのが早ければ早いほど、それを治療するためにより多くのリソースとアプローチをもたらすことができる。「被験者がすでにいくつかの日常活動で困難を経験している場合、治療を開始するのはより困難です」と彼は言う。「選択肢はありますが、問題が早期に検出された場合に比べて結果はそれほど良くありません。そのため、機能損失を予測するための、よりシンプルで、より安全で、より安価なアプローチを提供することが非常に重要です。」

「この調査は、高齢者の日常生活を遂行する能力の低下と差し迫った喪失を早期に発見するための極めて迅速なルートを示しています。これは、障害が顕在化する前に迅速な介入を実施するのに役立ちます」とデ・オリベイラはコメントしている。

出典は『悪液質、サルコペニア及び筋肉雑誌』。 (論文要旨)      
 「高齢者」 カテゴリ 最近の注目トピック
  緑色地中海ダイエットは加齢に伴う神経変性を遅らせる?  
  老化の自己認識が身体の健康に大きな影響を及ぼす?  
  フレイルを減らすと認知症リスクが下がる?  
  筋肉を若返らせる「若者の血」  
  炎症誘発性の食事は、中高年成人のフレイル発症のオッズの増加と関連  
  コーヒーを飲むとアルツハイマー病のリスクが低下する?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報