リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[子供]  SNSで低中所得国の子供に焦点を当てているファストフード企業?
2022.1.6 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

ファストフード大手のマクドナルドは、高所得国よりも多くのインスタグラム投稿、価格プロモーション、子供向け商品によって、低中所得国の子供たちに焦点を当てているようだ、という米国ニューヨーク大学ランゴーン医療センターからの研究報告。

研究チームは、マクドナルドによる世界15か国における2019年9月-12月のインスタグラム投稿と2020年4月までのそれに対するビュー、フォロワー、「いいね」を集計して、同社の各国におけるソーシャルメディアマーケティング状況を分析した。

その結果、15か国のアカウントから、合計1,000万人のフォロワーが維持され、390万の「いいね」、164,816件のコメント、3,820万回の動画再生が生み出されたことが明らかになったという。

投稿は合計849件あり、高所得国よりも低中所得国での投稿数が154%多かった。低中所得国3か国の合計は324件で、高中所得国5か国の227件、高所得国7か国の298件よりも多くの投稿がみられた。

高所得国での同社のアカウントは5%と、高中所得国の3%、低中所得国の2.5%に比べて、より健康的な習慣を描く割合が高かった。高所得国での価格プロモーションや無料プレゼントの投稿は14%だったが、低中所得国では40%だった。

「子供をターゲットにした広告と価格プロモーションを通じて、マクドナルドのソーシャルメディア広告は世界で最も脆弱な国の医療問題を悪化させる可能性がある」と研究チームは結論付けた。

出典は『BMJ栄養、予防、健康』。 (論文要旨)      
 「子供」 カテゴリ 最近の注目トピック
  自然さが健康的:ティーンの食品知識  
  妊娠中の甘味料、子の腸内細菌叢と肥満リスクに影響か  
  母乳育児に対するCOVID-19の影響  
  植物ベースのハンバーガーのたんぱく質の質とは  
  栄養強化した粉ミルクは、将来の学業成績を上げるか?  
  幼い頃の摂食制限が生殖能力に影響する?   
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報