リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[女性]  セルフコンパッションを実践する女性は、心血管疾患のリスクが低い?
2021.12.23 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

セルフコンパッション(自分への思いやり)を実践した中年女性は、高血圧、インスリン抵抗性、コレステロール値などの他の従来の危険因子に関係なく、心血管疾患を発症するリスクが低いようだ、という米国ピッツバーグ大学からの研究報告。

「ストレスやその他の負の要因が心血管の健康にどのように影響するかを研究することに多くの研究が集中していて、セルフコンパッションなどの正の心理的要因の影響はあまり知られていない」と筆頭著者のレベッカ・サーストン教授は述べている。

マインドフルネスとセルフコンパッションの実践は、カウンセラーや臨床心理士が慢性ストレスに対処しているクライアントにしばしば提案するツールである。これらの技術は、不安、過敏症、さらには軽度のうつ病の管理に効果的であることが示されている。

研究チームは、45-67歳の女性約200人を対象に、セルフコンパッションが動脈硬化に及ぼす影響を検討するために、頸動脈の超音波測定を行った。

その結果、研究チームは、セルフコンパッションが高い女性は、セルフコンパッションが低い女性よりも、頸動脈壁が薄く、プラークの蓄積が少ないことを発見したという。

「本調査結果は、特に自分自身に対して、優しさと思いやりを実践することの重要性を強調している」とサーストン教授は語っている。「我々は皆、非常にストレスの多い時代を生きている。我々の研究は、セルフコンパッションが我々の精神的および肉体的健康の両方に不可欠であることを示唆している。」

出典は『健康心理学』。 (論文要旨)      
 「女性」 カテゴリ 最近の注目トピック
  推論の跡を示す最初のAI乳がん探偵  
  母乳哺育は母親の心血管疾患のリスクを減らす?  
  身体活動が更年期の代謝変化を好転させる?  
  乳がん生存者は地域の運動プログラムで前進する?  
  適度なカフェイン摂取は母体の健康リスクを高めない?  
  ロングCOVIDの女性に運動による心拍数の不規則性  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報