リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[高齢者]  炎症誘発性の食事は、中高年成人のフレイル発症のオッズの増加と関連
2021.12.22 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

炎症誘発性食品(例えば、単純糖質または飽和脂肪が豊富な食品)が多い食事を定期的に摂取することは、中高年期のフレイル発症のリスク増加と関連しているようだ、という米国マーカス加齢研究所などからの研究報告。

米国の地域在住高齢者の約6人に1人は、転倒、入院、死亡のリスクが高まる機能障害の深刻な状態であるフレイルを発症する。以前の研究では、特定の栄養素をフレイルまたは身体機能と関連付けていたが、個人の食事全体とそのフレイルへの影響を経時的に把握していなかったという。

この問題に対処するために、研究チームは、個人の食事の全体的な炎症可能性を反映した食事の炎症指数(E-DII)スコアを計算した。

研究チームは、フラミンガム心臓研究の比較的健康な1,701人の参加者を対象としてデータ解析した結果、炎症誘発性の食事が12年間のフレイルのリスク増加と関連していることを発見したという。E-DIIスコアが1ポイント高いと、12年間でフレイルになる確率が16%高くなった。最も炎症促進性の食事をした4分の1の者は、最も抗炎症性の食事をした4分の1の者に比べて、フレイルの発症の確率が2倍以上高かった。

「この研究では、食物繊維や抗酸化物質(ビタミンC、ビタミンE、フラボノイドなど)などの栄養素を含む食品を定期的に食べることで、高齢者がフレイルになるのを防ぐことができることが示されました」と筆頭著者のコートニー・ミラー博士は述べている。

「より多くの研究が必要ですが、抗炎症食に基づくガイドラインは、フレイルおよび転倒や骨折などの関連症状を発症する可能性のある高齢者の割合を減らし、生活の質を改善するのに役立つ可能性があります。」

出典は『米国臨床栄養学雑誌』。 (論文要旨)      
 「高齢者」 カテゴリ 最近の注目トピック
  若者vs高齢者、フェイクニュースを見抜けるのは?  
  健康な生活習慣がアルツハイマー病のリスクを下げる?  
  遅発性のアルコール乱用には認知症の兆候がある?  
  高齢者の葉酸低下は認知症と死亡リスクの上昇に関連している?  
  命短し恋せよ乙女? それとも、冷たく長生きする?  
  中年期の複数の慢性疾患が認知症リスクを高める?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報