リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[高齢者]  コーヒーを飲むとアルツハイマー病のリスクが低下する?
2021.12.17 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

コーヒーをたくさん飲むとアルツハイマー病を発症する可能性が低くなるかもしれない、という豪州エディスコーワン大学からの研究報告。

研究チームは、認知機能が正常な高齢者227名を対象に、自己申告による習慣的なコーヒー摂取量と10年以上にわたる認知機能低下の関係を解析した。

その結果、コーヒーの摂取量が多い高齢者は、認知機能の低下の可能性が低くなり、まりその開始が遅くなることが明らかになった。脳へのβ-アミロイドたんぱく質の蓄積が遅くなった。コーヒー摂取量と総灰白質、白質、または海馬の体積の委縮との間には関連はみられなかった。

研究チームによれば、カフェインはこの結果に関連しているが、予備調査からカフェインがアルツハイマー病を遅らせる唯一の原因ではないかもしれないという。カフェストール、カーウェオール、エイコサノイル-5-ヒドロキシトリプタミドなどの他のコーヒー成分もさまざまな研究で動物の認知障害に影響を与えることが示唆されている。

「アルツハイマー病の発症を遅らせることを目的とした生活習慣因子として、コーヒー摂取が推奨されるべきかどうかを評価する必要があるだろう」と研究者はコメントしている。

出典は『加齢神経科学の最前線』。 (論文要旨)      
 「高齢者」 カテゴリ 最近の注目トピック
  若者vs高齢者、フェイクニュースを見抜けるのは?  
  健康な生活習慣がアルツハイマー病のリスクを下げる?  
  遅発性のアルコール乱用には認知症の兆候がある?  
  高齢者の葉酸低下は認知症と死亡リスクの上昇に関連している?  
  命短し恋せよ乙女? それとも、冷たく長生きする?  
  中年期の複数の慢性疾患が認知症リスクを高める?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報