リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[高齢者]  植物ベースの食事は高齢者の認知障害のリスクを下げる?
2021.12.16 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

野菜や果物が豊富な食事をたくさん摂取することは、高齢者の認知障害のリスクを軽減することに関連しているようだ、というスペイン・バルセロナ大学などからの研究報告。

研究チームは、仏ボルドーとディジョン在住の842名(65歳以上)を12年以上追跡調査した「健康的な生活のための健康的な食事」研究のデータを解析した。

その結果、ココア、コーヒー、マッシュルーム、赤ワインに由来する代謝物と、ポリフェノールが豊富な食品(リンゴ、ココア、緑茶、ブルーベリー、オレンジ、ザクロ)の微生物代謝、そして高齢者の認知障害という三者の間に保護的な関連があることを発見した。

いくつかの血中代謝物は、認知障害の進行に関連しており、例えばコーヒーとココアの摂取の指標である2-フロイルグリシンと3-メチルアンチンが高いことは認知障害の進行を遅らせたが、人工甘味料のサッカリンが高いことは進行を高めた。

「果物や野菜などの植物性食品の摂取量を増やすと、加齢による認知障害のリスクを減らすのに役立つポリフェノールなどの血中濃度が高まる」と研究者はコメントしている。

出典は『分子栄養と食物研究』。 (論文要旨)      
 「高齢者」 カテゴリ 最近の注目トピック
  片足で10秒立てない中高齢者、死亡リスクほぼ2倍に  
  食事の問題は高齢の在宅介護クライアントの間で一般的  
  若者vs高齢者、フェイクニュースを見抜けるのは?  
  健康な生活習慣がアルツハイマー病のリスクを下げる?  
  遅発性のアルコール乱用には認知症の兆候がある?  
  高齢者の葉酸低下は認知症と死亡リスクの上昇に関連している?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報