リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[高齢者]  コーヒーやお茶を飲むと、脳卒中や認知症の発生率が低下する?
2021.12.14 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

コーヒーや紅茶の摂取は、脳卒中や認知症の低いリスクと関連付けられるようだ、という中国・天津医科大学による50-74歳の健常者を対象にした研究。コーヒーの摂取は、脳卒中後の認知症のリスクの低下とも関連していたという。

研究チームは、英国バイオバンクから365,682人の参加者データを解析した。2006年から2010年の間に募集され、2020年まで追跡された参加者は、開始時に、コーヒーと紅茶の摂取量を自己申告した。研究期間中に、5,079人の参加者が認知症を発症し、10,053人が少なくとも1回の脳卒中を経験した。

解析の結果、1日に2-3杯のコーヒーまたは3-5杯の紅茶または4-6杯のコーヒーと紅茶を組み合わせて飲んだ人が、脳卒中や認知症の発生率が最も低かったことが明らかになった。コーヒーと紅茶を飲まない人と比べて、1日に2-3杯のコーヒーと2-3杯の紅茶を飲んだ人は、脳卒中のリスクが32%低く、認知症のリスクが28%低かった。さらに、コーヒーと紅茶を組み合わせて摂取することは、低い虚血性脳卒中と血管性認知症に関連していた。

コーヒーを単独または紅茶と組み合わせて摂取することは、脳卒中後の認知症のリスクの低下とも関連していた。

「我々の調査結果は、コーヒーと紅茶を別々にまたは組み合わせて適度に摂取すると、脳卒中や認知症のリスクが低くなることを示唆している」と研究者はコメントしている。

出典は『プロス医学』。 (論文要旨)      
 「高齢者」 カテゴリ 最近の注目トピック
  片足で10秒立てない中高齢者、死亡リスクほぼ2倍に  
  食事の問題は高齢の在宅介護クライアントの間で一般的  
  若者vs高齢者、フェイクニュースを見抜けるのは?  
  健康な生活習慣がアルツハイマー病のリスクを下げる?  
  遅発性のアルコール乱用には認知症の兆候がある?  
  高齢者の葉酸低下は認知症と死亡リスクの上昇に関連している?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報