リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[栄養]  ブドウは腸内細菌叢とコレステロール代謝に有益?
2021.12.10 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

ブドウの摂取には、腸内細菌の多様性を増加させ、コレステロールを大きく減少させる効果がみられるようだ、という米国カリフォルニア大学などからの研究報告。

研究チームは、21-55歳の対象者19名に二相型介入研究を実施した。第一相で、参加者は低食物繊維、低ポリフェノール食を4週間摂取した。その後第二相において4週間粉末化ブドウ(1.5カップ相当)を摂取した。

その結果、ブドウの摂取によって、腸内細菌叢の多様性が大幅に増加した。特にグルコースと脂質代謝に有益な細菌であるAkkermansiaが上昇したという。またコレステロールが大幅に低下した。血中総コレステロールは6.1%、LDL- コレステロールは5.9%低下した。コレステロール代謝に関連する胆汁酸も40.9%減少した。中性脂肪と体組成には変化は見られなかった。

「粉末ブドウの摂取は、有意に腸内細菌叢およびコレステロール/胆汁酸代謝に影響を及ぼす」と研究チームは結論付けた。

出典は『栄養素』。 (論文要旨)      
 「栄養」 カテゴリ 最近の注目トピック
  赤肉と心血管疾患リスクをつなぐ腸内細菌  
  環境にやさしい食事は健康にも良い  
  食肉関連の病気の急激な増加に関連する赤肉/加工肉の貿易の世界的な増加  
  ビタミンD、心臓の健康にも関連か  
  食べ物で腸はこんなに変わる   
  超加工食品は2回目の心臓発作や脳卒中のリスクを高める?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報