リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[高齢者]  「アンチエイジング」ダイエットのフィクションから事実を分離する
2021.12.9 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

いわゆる「アンチエイジング」ダイエットの事実とフィクションを区別し、これら食事療法が潜在的に共有しているメカニズムを明らかにしよう、という米国ワシントン大学などからのレビュー記事。

ほぼ一世紀にわたり、カロリー制限などの食事介入が、寿命を延長し加齢関連疾患を遅延させることが、少なくとも動物実験では示されてきたが、それらを介在するメカニズムは未だ不明確なままである。

最近では、ケトジェニックダイエットや間欠断食のようなこれら食事療法のいくつかが、ポピュラーになっているものの、そのヒトにおける有効性と安全性は、依然として実験室の外では確立されたものとは言い難い。

今回、ミッチェル・リーらは、抗加齢食事介入に関する大部分の文献を要約した。これらは、加齢の特徴的な分子メカニズムを遅延あるいは逆転させるように見えるものである。

これらの介入は、線虫やショウジョウバエといったモデル動物でよく研究されているが、現在のところ同様の食事がヒトの生物学的加齢に影響を及ぼすかどうかはわかっていない、と著者らは言う。

これら食事介入の生理学的影響は複雑であることが現在までの研究から明らかであり、それは最も単純なモデル動物でもそうであるが、同時に多くの抗加齢ダイエットをつなぐ興味深い類似性も明らかになってきたという。

リーらによれば、抗加齢食の共通のメカニズムは、たんぱく質キナーゼmTORの阻害に関連しているようだという。この進化的に保存されてきた信号経路は、ヒトにおいて健康的に寿命を延長することに役立つような薬物の分子標的になり得るという。

「将来の研究は、高度に制御された実験室レベルの条件下における抗加齢食の細胞および分子メディエーターのより良い理解に焦点を当てるべきであり、またこれらの食事に関連した健康アウトカムの遺伝的および環境的変数の影響にも注目すべきであろう」とリーらは述べている。

出典は『サイエンス』。 (論文要旨)      
 「高齢者」 カテゴリ 最近の注目トピック
  片足で10秒立てない中高齢者、死亡リスクほぼ2倍に  
  食事の問題は高齢の在宅介護クライアントの間で一般的  
  若者vs高齢者、フェイクニュースを見抜けるのは?  
  健康な生活習慣がアルツハイマー病のリスクを下げる?  
  遅発性のアルコール乱用には認知症の兆候がある?  
  高齢者の葉酸低下は認知症と死亡リスクの上昇に関連している?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報