リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[高齢者]  抗炎症食は認知機能の健康に最善の策?
2021.12.3 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

抗炎症性の食品が豊富な食事をしている高齢者は認知症になりにくいかもしれない、というギリシャ・アテネ大学からの研究報告。

研究チームは、認知症のない平均年齢73歳のギリシャ人1,059名を対象に食物摂取頻度調査を行い、前月に食べた食品の炎症スコア(体内炎症を促進する可能性の高さを点数にしたもの)を算出した。その後平均3年間の追跡調査で、62名(6%)が認知症と診断された。

年齢、性別、学歴などの因子の影響を調整(排除)して解析した結果、食事の炎症スコアが1ポイント増加するごとに、認知症の発症リスクが21%高まることが明らかになったという。

「我々の結果は、認知症を予防するために、適切な食事を摂ることも重要性を示している」と研究者はコメントしている。ただし、追跡期間が3年というのは極めて短いので、より長期にわたる研究が必要だろうとしている。

出典は『神経学』。 (論文要旨)      
 「高齢者」 カテゴリ 最近の注目トピック
  片足で10秒立てない中高齢者、死亡リスクほぼ2倍に  
  食事の問題は高齢の在宅介護クライアントの間で一般的  
  若者vs高齢者、フェイクニュースを見抜けるのは?  
  健康な生活習慣がアルツハイマー病のリスクを下げる?  
  遅発性のアルコール乱用には認知症の兆候がある?  
  高齢者の葉酸低下は認知症と死亡リスクの上昇に関連している?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報