リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[女性]  適度なカフェイン摂取は母体の健康リスクを高めない?
2021.11.19 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

妊娠中の少量のカフェイン摂取は問題がなさそうだ、という米国ペンシルベニア大学などからの研究報告。

「推奨限度を超える消費の関連性を研究することはできなかったが、低から中程度のカフェインは、妊娠糖尿病、子癇前症、または妊娠中の母親の高血圧のリスク増加とは関連がないことがわかった」と筆頭著者のステファニー・ヒンクル助教授は語っている。

米国産婦人科学会(ACOG)は、妊娠中の女性がカフェインの消費を1日あたり200 mg(約2杯)未満に制限することを推奨している。推奨事項は、より高いカフェインレベルでの流産および胎児の成長との潜在的な関連を示唆する研究に基づいているが、カフェインと母体の健康転帰との関連に関するデータは限られていた。

この関連をよりよく理解するために、研究チームは、2009年から2013年の間に米国の12の臨床センターで国立小児保健人体発達研究所(NICHD)胎児成長研究-単胎コホートに登録された2,529人の妊婦からの前向きデータを検討した。

研究登録時およびその後の各センター訪問時に、妊婦はカフェイン入りコーヒー、カフェイン入り茶、ソーダ、およびエナジードリンクの毎週の摂取量を報告した。カフェインの濃度は、妊娠10-13週時の血漿でも測定された。その後、研究チームは、カフェインの摂取量を主要なアウトカム(妊娠糖尿病、妊娠高血圧症、子癇前症)と照合した。

解析の結果、研究チームは、妊娠10-13週でのカフェイン入り飲料の摂取は妊娠糖尿病のリスクとは関係がないことを発見したという。妊娠後期には、1日あたり最大100 mgのカフェインを飲むと、糖尿病のリスクが47%減少した。妊娠中にカフェインを飲んだ人と飲まなかった人の間で、血圧、子癇前症、または高血圧症に統計的に有意な差はみられなかった。

研究チームは、この発見は、カフェインがエネルギーバランスの改善と脂肪量の減少に関連することを発見した研究と一致するものだと述べている。また、これらの発見が、炎症やインスリン抵抗性に影響を及ぼし、妊娠糖尿病のリスクを低下させる可能性のある植物化学物質など、コーヒーやお茶の他の成分によるものであることを否定できないとも述べている。

ただし、同じ研究グループの過去の研究では、妊娠中のカフェインの消費量は、推奨される1日あたり200 mg未満の量であっても、新生児の人体測定値が小さいことが示されているという。

「妊娠糖尿病のリスクを下げる目的で、飲んでいなかった妊婦がカフェイン入り飲料の摂取を開始することはお勧めできない」とヒンクル助教授は語っている。「我々の調査結果は、すでに低から中レベルのカフェインを摂取している妊婦に、そのような摂取が母親の健康リスクを増加させない可能性が高いという安心感を与える可能性がある。」

出典は『JAMAネットワークオープン』。 (論文要旨)      
 「女性」 カテゴリ 最近の注目トピック
  乳がんが骨に転移する理由?  
  拒食症の妊婦に対する世界初の管理ガイドライン  
  世代ごとの日々の使用時間の性差は国によって異なる  
  糖尿病の起源は男性と女性で異なる可能性がある?  
  ヒト母乳中の生細胞が、乳がんの研究に役立つ可能性  
  コーヒーは子宮内膜がんからの保護に役立ちますか?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報