リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[高齢者]  緑茶カテキンは酸化ストレスを促進します?
2021.11.12 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

緑茶のカテキンは、短期的に酸化ストレスを促進するが、それにより生物の防御能力が増加するため寿命の延長につながるようだ、という線虫を用いたスイス・チューリッヒ工科大学などからの研究報告。

この効果は、免疫系を介してではなく、スーパーオキシドジスムターゼ(SOD)やカタラーゼなどの特定の酵素を発現する遺伝子の活性化によって現れる。これらの酵素は線虫のフリーラジカルを不活性化する、いわば内因性の抗酸化物質である。

研究チームは、2009年に、スポーツが健康を促進する理由は、スポーツが短期的に酸化ストレスを増加させ、それによって身体の防御機能が改善するためであることを示している。低カロリー食も同様の効果をもたらすことが動物実験で示唆されている。

「高用量のカテキンは細胞死を起こすまでミトコンドリアを阻害するので、緑茶抽出物や濃縮物は勧められない。紅茶は、発酵プロセスによってポリフェノールの大部分が破壊されカテキンレベルが緑茶よりはるかに少ないので、緑茶が好ましい」と主任研究者のミカエル・リストウ教授はコメントしている。

出典は『加齢』。 (論文要旨)      
 「高齢者」 カテゴリ 最近の注目トピック
  緑色地中海ダイエットは加齢に伴う神経変性を遅らせる?  
  老化の自己認識が身体の健康に大きな影響を及ぼす?  
  歩行の遅さは、高齢者のフレイルのリスクを予測する?  
  フレイルを減らすと認知症リスクが下がる?  
  筋肉を若返らせる「若者の血」  
  炎症誘発性の食事は、中高年成人のフレイル発症のオッズの増加と関連  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報