リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[高齢者]  運動、音楽、芸術活動が認知機能の低下を抑える?
2021.10.12 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

特定の習慣的な活動と認知機能低下の防止との間には関連がみられるようだ、というカナダ・サイモンフレイザー大学からの研究報告。

研究によれば、ガーデニングやウォーキングなどの中強度の身体活動、および教育、芸術、音楽などの学習活動が認知機能低下のリスクを低下させることが明らかになったという。

研究チームは、3年以上にわたり、4,000人を超える高齢者の脳の健康状態を追跡した。彼らは、機械学習アルゴリズムと英国の老化縦断研究データベースを使用して、特定のライフスタイル要因の利点を研究すると同時に、過去に研究者がより明確な因果関係を築くことを妨げてきた交絡効果を制御した。

「高齢者の世界人口は増加しており、ライフスタイルアクティビティが高齢者の認知的健康低下を防ぐのに役立つという発見は、カナダ人とそれ以外の人々の新しい臨床実践とより良い健康転帰につながる可能性がある」と主任研究者のシルヴェイン・モレノ教授は語っている。

出典は『加齢神経科学の最前線』。 (論文要旨)      
 「高齢者」 カテゴリ 最近の注目トピック
  緑色地中海ダイエットは加齢に伴う神経変性を遅らせる?  
  老化の自己認識が身体の健康に大きな影響を及ぼす?  
  歩行の遅さは、高齢者のフレイルのリスクを予測する?  
  フレイルを減らすと認知症リスクが下がる?  
  筋肉を若返らせる「若者の血」  
  炎症誘発性の食事は、中高年成人のフレイル発症のオッズの増加と関連  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報