リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[病気]  高脂肪食は肥満に先立ちラットの体内時計を壊す?
2021.9.9 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

ラットが高脂肪食を食べると、脳の食欲調節に関わる部位の体内時計が乱され、過食や肥満に導かれるようだ、というポーランド・ヤギェウォ大学などからの研究報告。

肥満の人の数は、1975年以来世界中でほぼ3倍になっている。イギリスだけでも、成人の28%が肥満で、さらに36%が過体重である。肥満は、2型糖尿病、心臓病、脳卒中、およびいくつかの種類のがんなどの他のいくつかの病気につながる可能性がある。

本研究は、過食を避けるために、脳内の体内時計の適切な機能を回復する可能性のある将来の臨床研究の基礎となる可能性があるという。

歴史的に、マスター体内時計は視床下部と呼ばれる脳の一部にのみ位置すると考えられていた。しかし、長年にわたるさらなる研究により、我々の身体の毎日のリズム(ホルモンレベル、食欲など)の制御は、背側迷走神経複合体(DVC)と呼ばれる、進化的に古い脳幹のニューロンのグループを含む、脳と身体の他のいくつかの部分にあることが明らかにされている。

特に、DVCは満腹感を誘発することによって食物摂取を制御することが示されている。

研究ではまた、肥満によって、食物摂取と食事関連ホルモンの放出の毎日のリズムが、鈍化または排除されることが示されている。

しかし、食欲を制御する脳中枢の機能不全が、肥満の原因なのか、結果なのかは、明らかではなかった。

ブリストル大学と共同でクラコウのヤギェウォ大学で行われた本研究においては、高脂肪食を与えられたラットが体重を増やし始める前に、DVCの毎日のニューロンリズムと食欲ホルモンに対するこれらのニューロンの反応が変化したことが明らかになったという。

したがって、研究チームは、DVCの時計の乱れは、過度の体重の結果ではなく、逆に肥満に先行するものだ、と結論している。

研究は、バランスの取れた対照食(脂肪から10%kcal)と高脂肪食(脂肪から70%kcal)を与えられた2群のラットで実施された。

不健康な食事がヒトに与える影響を模倣するために、研究チームはこの新しい食事を若年ラット(4週齢)に導入し、24時間にわたって4週間連続して食物摂取量を監視した。

DVCニューロン活動が24時間にわたってどのように変化するかを測定するために、電気生理学的記録が実行された。多電極アレイの使用により、各脳幹スライスからの約100個のDVCニューロンの同時モニタリングが可能であった。これにより、研究チームは、各食事群の代謝関連ホルモンに対するニューロンの反応だけでなく、ニューロンの活動の概日変化を評価することができた。

ヒトとネズミの脳幹は共通の特徴を共有しているが、ラットは夜行性である。DVC活動のピークは、齧歯動物にとっては休息期、ヒトにとっては活動期である1日の終わりに観察された。したがって、脳幹時計の位相が昼と夜に設定されているのか、それとも休息と活動のパターンに依存しているかどうかは不明であるという。

「本研究は、増大する肥満の健康問題に取り組む可能性を秘めているため、私は本当に興奮している。脳幹時計をリセットまたは同期させられる手がかりはまだわからないが、うまくいけば、満腹中枢におけるリズムの回復は、新しい治療の機会を提供するかもしれない」と筆頭研究者のルーカス・チュロボック博士はコメントしている。

出典は『生理学雑誌』。 (論文要旨)      
 「病気」 カテゴリ 最近の注目トピック
  植物性オメガ-3系脂肪酸の摂取が死亡リスクを下げる?  
  中年期の鉄欠乏は、心臓病の高い発症リスクに関連?  
  ケトンサプリが肥満者の脳機能を高めるかもしれない?  
  脂肪酸摂取量の調整は双極性障害の改善に役立つかもしれない  
  人工甘味料で腸内細菌叢が混乱?  
  心配しないで、健康になりましょう:ストレス解消テクニックはより健康的な行動につながる  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報