リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[病気]  飲酒頻度・量と消化器がんとの関連
2021.9.6 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

大量飲酒はがんのリスクを高めるが、週当たりの飲酒量が同じであれば、飲酒頻度の高いほうが消化器がんの発症リスクは高まるようだ、という韓国ソウル国立大学医学部などからの研究報告。

研究チームは、韓国国民健康保険システムデータベースに登録された11,737,467人の参加者を含むコホート研究のデータを解析した。2009年1月から2010年12月までに登録され、その後2017年12月まで追跡調査された。

データ解析の結果、飲酒量ではなく、飲酒頻度が消化器がんのリスクと有意に関連することが明らかになった。週当たりの飲酒量が同じレベルである場合、飲酒頻度が高まると消化器がんの発症リスクは高まり、1回あたりの飲酒量が多くなるとリスクはわずかに低下した。

「飲酒の回数が一回ごとの量よりも消化器がんの重要なリスク因子であることが明らかになった。人々は、総飲酒量や一回ごとの飲酒量に加えて、少量を定期的に頻繁に飲むことにも注意すべきであろう」と研究チームは結論付けている。

出典は『JAMAネットワークオープン』。 (論文要旨)      
 「病気」 カテゴリ 最近の注目トピック
  植物性オメガ-3系脂肪酸の摂取が死亡リスクを下げる?  
  中年期の鉄欠乏は、心臓病の高い発症リスクに関連?  
  ケトンサプリが肥満者の脳機能を高めるかもしれない?  
  脂肪酸摂取量の調整は双極性障害の改善に役立つかもしれない  
  人工甘味料で腸内細菌叢が混乱?  
  心配しないで、健康になりましょう:ストレス解消テクニックはより健康的な行動につながる  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報