リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[病気]  腸内細菌とフラボノイドは関連して血圧レベルを改善する?
2021.9.3 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

ベリー、リンゴ、ナシ、ワインなどのフラボノイドが豊富な食品は、部分的には腸内細菌を通じて血圧レベルにプラスの影響を与えるようだ、というクイーンズ大学ベルファストからの研究報告。

フラボノイドは、果物、野菜、お茶、チョコレート、ワインなどの植物性食品に自然に含まれる化合物であり、以前の研究で体にさまざまな健康上の利点をもたらすことが示されている。フラボノイドの健康利益には腸内細菌が関与していることが最近の研究で示唆されている。

研究チームは、ドイツのPopGenバイオバンクから25-82歳の成人904名のデータを解析した。

その結果、ベリー、赤ワイン、リンゴ、ナシなどのフラボノイドが豊富な食品の摂取量が最も多かった参加者は、最低レベルのフラボノイドを摂取した参加者よりも、収縮期血圧レベルが低く、腸内細菌叢の多様性が高いことが明らかになった。

フラボノイドが豊富な食品と収縮期血圧との関連は、部分的に参加者の腸内細菌叢に見られる多様性によって説明できることがわかったという。

「フラボノイド代謝の非常に個人的なばらつきをよりよく理解することは、一部の人々が他の人々よりもフラボノイドが豊富な食品からより大きな心血管保護の利益を得る理由を非常によく説明することができる」と主任研究者のエーディン・キャシディ教授はコメントしている。

出典は『高血圧』。 (論文要旨)      
 「病気」 カテゴリ 最近の注目トピック
  植物性オメガ-3系脂肪酸の摂取が死亡リスクを下げる?  
  中年期の鉄欠乏は、心臓病の高い発症リスクに関連?  
  ケトンサプリが肥満者の脳機能を高めるかもしれない?  
  脂肪酸摂取量の調整は双極性障害の改善に役立つかもしれない  
  人工甘味料で腸内細菌叢が混乱?  
  心配しないで、健康になりましょう:ストレス解消テクニックはより健康的な行動につながる  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報