リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[女性]  ポートフォリオ食は閉経後女性の心臓病リスクを下げる?
2021.8.13 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

ポートフォリオ食は、閉経後女性の心臓病リスクを下げるかもしれない、というカナダ・トロント大学などからの研究報告。

研究チームは、ポートフォリオ食が閉経後女性の心疾患事象を低下させるかどうかを検討するために、米国の女性健康イニシアチブの参加者123,330名のデータを解析した。参加者は、1993年から1998年に登録された時点で、50-79歳(平均年齢62歳)であり、心血管系疾患ではなかった。2017年まで、平均15.3年追跡調査された。

ポートフォリオ食は、ナッツ、植物性たんぱく質、可溶性食物繊維、一価不飽和脂肪酸、植物ステロールが含まれ、先行研究で血中コレステロールを低下させることが示唆されている。

解析の結果、ポートフォリオ食の順守率が低い女性と比較して、高い女性は、あらゆる種類の心血管系疾患の発症リスクが11%低く、冠動脈疾患の発症リスクが14%低く、心不全の発症リスクが17%低かったという。

「これらの結果は、人々にはまだより多くのコレステロール低下食品を摂取する余地があることから、重要である。もっとポートフォリオ食の順守度を高めれば、おそらくコレステロール降下薬と同じくらい、心血管系事象が低下することが期待される。それでも、11%の削減は臨床的に意味がある。この結果は、ポートフォリオ食が心臓の健康に利益をもたらすことを示している」と研究者はコメントしている。

出典は『米国心臓学会雑誌』。 (論文要旨)      
 「女性」 カテゴリ 最近の注目トピック
  高齢女性のための運動介入の都市参加者は他の人より健康だった  
  PFAS曝露は母乳育児能力に影響を及ぼす可能性  
  アボカドは女性の腹部脂肪分布を変化させる?  
  古代ローマのヘルクラネウムでは男女は異なる食事をしていました  
  「経験豊富な」母マウスはオキシトシンの助けを借りて他の雌を母にする  
  乳児の母親の睡眠不足が加齢を促進?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報