リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[その他]  味と健康が競うとき、味には隠れた利点がある?
2021.7.19 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

我々の脳は、健康情報を考慮するのが、味覚情報を処理するのに比べて遅過ぎるようだ、という米国デューク大学からの研究報告。

研究チームは、平均24.4歳の若年成人79名を対象に4時間の絶食後、スナック食品を提示され、その美味しさ、健康度、欲求度を評価するように求められた。次に、食品のペアを提示され、どちらかを選択してもらい、その速さを記録した。

実験の結果、参加者は、意思決定プロセスの早い段階で味覚情報を組み込むことがわかったという。組み込みには平均400ミリ秒かかった。けれども、健康度を判断する情報を組み込むのには、その2倍の時間が必要だった。

事前に健康的な食事を強調するパンフレットを受け取ると、不健康なスナックを選ぶ可能性が低下した。また、選択に時間をかけると、より健康的なものを選ぶ傾向が高まった。

「家の購入や大学進学など、すべての決定が迅速に行われるわけではなく、そうした選択には時間がかかる。けれども我々が日常生活で下す決定の多くは、スーパーでの食品選択やオンラインでのクリックなど素早く行われるものが多い」と共同研究者のスコット・ヒュッテル教授はコメントしている。

「人々が健康的な選択をより容易に行えるように環境を設定する方法があるかもしれない。」

出典は『ネイチャー人間行動』。 (論文要旨)      
 「その他」 カテゴリ 最近の注目トピック
  あなたが望む仕事とあなたが得る仕事  
  甘味飲料税と飲料、高糖食品の購入との関連  
  正確なピッチで歌いましょう!  
  科学報道の文脈は、科学に対する考え方に影響を及ぼす  
  記憶が出来るときラットの脳の飽和脂肪酸が増える?  
  食品着色料用の新しいナチュラルブルー  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報