リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[栄養]  発酵食品は腸内細菌叢の多様性を高め炎症を軽減する?
2021.7.14 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

発酵食品が豊富な食事は、腸内細菌の多様性を高め、炎症の分子的兆候を減少させるようだ、という米国スタンフォード大学からの研究報告。

研究チームは、36名の健康な成人をランダムに2群に分け、一群に発酵食品の豊富な食事を、別の一群に食物繊維の豊富な食事を、10週間にわたって摂取してもらい、腸内細菌叢と免疫系への影響を調べた。

その結果、発酵食品摂取群では、腸内細菌の耐用性が増し、4種類の免疫細胞の活性化が抑えられ、19種類の炎症性たんぱく質レベルも低下したという。

一方、食物繊維摂取群では、腸内細菌叢にはほとんど変化が見られず、19種類の炎症性たんぱく質はいずれも低下しなかった。

「短期間に食物繊維の摂取量を増やすだけでは、細菌叢の多様性を高めるには不十分だった可能性がある」と研究者はコメントしている。

出典は『細胞』。 (論文要旨)      
 「栄養」 カテゴリ 最近の注目トピック
  カフェテリアの購入履歴が職員の健康的な選択をサポートする  
  全てのたんぱく質が同じように作られているわけではない  
  間欠断食は「減量のための魔法の弾丸ではない」  
  絶食がダイエットの触媒として機能する?  
  食事と概日時計の変化に影響される健康な脂肪細胞  
  低たんぱく質高炭水化物ダイエットの健康上の利点は、炭水化物の種類によって異なる  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報