リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[栄養]  全てのたんぱく質が同じように作られているわけではない
2021.7.5 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

動物性たんぱく質は、植物性たんぱく質に比べて、全身の正味のたんぱく質バランス(同化作用)のより大きな増加をもたらすようだ、という米国アーカンソー大学からの研究報告。

研究チームは、若くて健康な成人56名をランダムに7群に分け、各々(1)2オンス(56g)の調理済みビーフサーロイン、(2)2オンスの調理済み豚ロース肉、(3)2つの調理済み卵、(4)1/2カップのレッドキドニービーンズ、(5)ピーナッツバター大さじ2杯、(6)豆腐4オンス(112g)、または(7)ミックスナッツ1オンス(28g)を摂取してもらい、安定同位体標識を使用して、正味の全身たんぱく質バランスを測定した。食品の量は、肉のオンス相当(ounce equivalent)量とした。これは米国人の食事ガイドラインで採用されている概念である。

その結果、動物性たんぱく質食品は、植物性たんぱく質食品よりも大きな同化反応を誘発することが明らかになった。全身のたんぱく質バランスは、牛肉、豚肉、卵の群で、植物性たんぱく質食品を摂取したすべての群よりも増加した。全身の正味バランス反応の大きさは、たんぱく質食品の必須アミノ酸含有量と相関していたという。

研究チームは、米国人の食事ガイドラインの「オンス相当」は、代謝的には相当ではないと結論付けている。

「我々の研究によると、牛肉、卵、豚肉などの動物性たんぱく質食品、およびキドニービーンズ、ピーナッツバター、豆腐、混合ナッツなどの植物性たんぱく質食品は、同等または代替品とは見なされない」と主任研究者のロバート・ウルフェ教授はコメントしている。

出典は『栄養学雑誌』。 (論文要旨)      
 「栄養」 カテゴリ 最近の注目トピック
  発酵食品は腸内細菌叢の多様性を高め炎症を軽減する?  
  カフェテリアの購入履歴が職員の健康的な選択をサポートする  
  間欠断食は「減量のための魔法の弾丸ではない」  
  絶食がダイエットの触媒として機能する?  
  食事と概日時計の変化に影響される健康な脂肪細胞  
  低たんぱく質高炭水化物ダイエットの健康上の利点は、炭水化物の種類によって異なる  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報