リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[その他]  記憶が出来るときラットの脳の飽和脂肪酸が増える?
2021.7.2 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

記憶が形成されるにつれて、ラットの脳の脂肪酸レベル、特に飽和脂肪酸が増加するようだ、という豪州クイーンズランド大学からの研究報告。特に、恐怖や強い感情に関連する新しい記憶の形成に関与する扁桃体で、最高濃度の飽和脂肪酸が観察されたという。

脳の60%は脂肪であり、神経伝達物質を含む微細な嚢であるシナプス小胞が細胞膜と融合して細胞間でメッセージを伝達するのを助けるため、神経細胞間のコミュニケーションには不可欠である。

研究チームは、ラットの脳内で新しい記憶が形成されるときに種々の脂肪酸レベルがどのように変化するかを測定した。

意外にも、脳細胞の飽和脂肪酸レベルの変化が最も顕著であり、特にミリスチン酸の変化が顕著だったという。

脳の健康や記憶にはDHAなどの多価不飽和脂肪酸の重要性が強調されているが、本研究においては飽和脂肪酸の予想外の役割が明らかになったことになる。

ラットの学習と記憶形成を阻害するような薬物を投与すると、脂肪酸レベルは変化しなかった。

出典は『ネイチャーコミュニケーション』。 (論文要旨)      
 「その他」 カテゴリ 最近の注目トピック
  栄養アプリには行動変容コンテンツが欠けている?  
  我々の歴史が我々の文法で書かれているとしたらどうだろうか?  
  SNSで一般的ながんの誤情報  
  味と健康が競うとき、味には隠れた利点がある?  
  あなたが望む仕事とあなたが得る仕事  
  甘味飲料税と飲料、高糖食品の購入との関連  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報